RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年8月14日15時17分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

五輪旗がリオ到着 市長は興奮、IOCは進み具合懸念

写真:空港に到着し、タラップで五輪旗を掲げるパエス市長(左)ら=リオデジャネイロ、岩田誠司撮影拡大空港に到着し、タラップで五輪旗を掲げるパエス市長(左)ら=リオデジャネイロ、岩田誠司撮影

 2016年に南米で初のオリンピックが開催されるブラジルのリオデジャネイロに13日、ロンドンから五輪旗が到着した。ブラジルでは2年後にサッカーW杯の開催も控えており、今後、施設整備などが急ピッチで進む。

 ボクシングのミドル級銀メダリスト、フロレンティノ選手らとリオ市内の空港に降り立ったエドゥアルド・パエス市長は記者会見で、「歴史的な日だ」と興奮気味に繰り返した。

 リオ市では、慢性的な交通渋滞と宿泊施設不足の解消が最大の課題とされている。同市は、固定資産税を免除して外資系ホテルに進出を働きかけ、4カ所に分散している競技会場を結ぶバス輸送網や地下鉄の整備も進めている。だが、6月に現地調査に訪れた国際オリンピック委員会は「やるべき仕事はかなりの量だ」と、準備の進み具合に懸念を示した。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース