RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. レスリング
  4. 記事
2012年8月21日8時4分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

レスリング小原が引退表明 五輪で金「やり尽くした」

写真:小原日登美小原日登美

 ロンドン五輪のレスリング女子48キロ級で優勝した小原日登美(31)=自衛隊=が20日、現役を引退する意向を明らかにした。今後について「もう本当にやり尽くした。自分の経験を後輩たちに伝え、私生活ではママになりたい」と話した。

 小原はこの日、金メダル獲得の報告をするため首相官邸を訪問。野田首相から「(金メダルは)家族の支えが大きいですね」と話しかけられ、「はい、頑張りました」と答えたという。

 小原は世界選手権の51キロ級で6度、48キロ級で2度優勝。2004年のアテネ五輪と08年の北京五輪では55キロ級で出場を目指したがかなわず、ロンドン大会が初出場だった。優勝後の記者会見でも引退を示唆していた。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース