RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 五輪総合
  4. 記事
2012年10月3日20時50分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

バレー真鍋監督「五輪金へ再び挑戦」 男子監督は公募へ

 続投が内定したバレーボール全日本女子の真鍋政義監督(49)が3日、東京都内で会見した。ロンドン五輪では銅メダルを獲得。ただ目標はあくまで金メダルだったとし、「リオデジャネイロ五輪までの4年間、もう一度挑戦しようと思った」と決意を語った。

 日本バレーボール協会の規定では代表監督の人事は「原則公募」。ただ中野泰三郎会長によると五輪のほかにも2010年世界選手権3位、11年W杯4位に入るなど好成績を残してきた真鍋監督の手腕が高く評価され、ほかに候補はいなかったという。

 またロンドン五輪出場を逃し、次期監督が決まっていない男子について中野会長は「近日中に公募する」とした。年内には決めたい方針だ。

検索フォーム

五輪総合最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース