RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. ニュース
  4. 記事
2012年12月6日8時51分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

アテネ五輪メダリスト4人失格 IOCの薬物再検査で

 【酒瀬川亮介】国際オリンピック委員会(IOC)は5日、スイス・ローザンヌで開いた理事会で2004年アテネ五輪のメダリスト4人をドーピング違反で失格にすることを決めた。陸上男子砲丸投げ金メダルのユーリー・ビロノク(ウクライナ)らで、いずれも旧ソ連圏の選手。アテネ五輪当時に採取した検体を今年7月に再検査し、陽性となった。IOCは4選手のメダルを剥奪(はくだつ)し、返還を求める。

 失格になった4人はすべて陸上選手で、ビロノクのほか、女子砲丸投げ銅メダルのスベトラーナ・クリベリョワ(ロシア)、男子ハンマー投げ銀メダルのイワン・チホン(ベラルーシ)、女子円盤投げ銅メダルのイリーナ・ヤチェンコ(同)。重量挙げ男子のロシア選手も陽性になっているが、聴聞手続きが終わらず、処分は持ち越した。

 検出されたのは4人とも、筋肉増強剤の合成ステロイドで、オキサンドロロンとメタンジエノンの2種類。古典的な薬物だが、アテネ当時は検出が難しかったごく微量でもとらえる高感度の技術が進んでおり、発見できたと見られる。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース