RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. ニュース
  4. 記事
2012年12月10日19時15分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

高梨、ソチで見せた安定感 テレマークに課題

写真:ソチ五輪のジャンプ台で飛ぶ高梨沙羅=時事拡大ソチ五輪のジャンプ台で飛ぶ高梨沙羅=時事

 【笠井正基】8、9日に行われたノルディックスキー・ジャンプの男女W杯のソチ大会で、日本勢は16歳の高梨沙羅(グレースマウンテン・インターナショナル)は初日は2位、2日目は3位に入った。優勝は逃したが、2014年ソチ五輪が行われるジャンプ台で、安定感のあるところを見せつけた。

 女子のジャンプ台は飛距離の出にくいノーマルヒル。ソチのノーマルヒルはアプローチ部分が日本の台より丸みを帯びている。「(助走路の曲線部が)長く、踏み切る時に力を伝えにくい」と高梨は言った。

 それでも、2戦続けて表彰台を確保。あとは、着地でテレマークが決められると、トップを狙える。1日目は足を前後にずらして着地できず、ソチでも最大のライバルとなりそうなサラ・ヘンドリクソン(米)に敗れた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース