RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. ニュース
  4. 記事
2013年1月6日23時18分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソチ「できればメダルを」 スケルトン男子・越氏

写真:越和宏氏越和宏氏

 【金島淑華】スケルトン男子で五輪に3大会連続出場した越和宏氏(48)が指導者として3季目を迎えた。自己管理を徹底し、日本を長年リードしたパイオニアが今度はそのエネルギーを選手に注ぎ込み、2014年ソチ五輪で「最低でも入賞。できればメダル」を目指す。

 昨年12月の全日本選手権。男子3連覇の高橋弘篤(システックス)にダメ出しした。2回の滑走のうち、1回目はミスで2位に甘んじたからだ。「普通にやれば断トツなのに、度胸も覚悟も足りない。下手くそ」

 日本ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟は10年バンクーバー五輪後、引退した越氏をスケルトンの強化責任者に起用。3種目あるそり競技のうち、スケルトンに強化費の約8割をあてることにした。越氏は現役時代、遠征費やそりの製作費で年間300万円近くを持ち出していた。現在、選手の自己負担はゼロ。遠征先では越氏がマネジャー業務をこなし、選手のマッサージもする。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース