現在位置:
  1. asahi.com
  2. バンクーバーオリンピック
  3. パラリンピックニュース
  4. 記事

長期戦略でメダル増 若手の育成には課題

2010年3月24日11時30分

 バンクーバー・パラリンピックの日本の獲得メダルは、金3銀3銅5の計11個で、2006年トリノ大会の金2銀5銅2の計9個を上回った。アルペンで新戦力が台頭し、アイススレッジホッケーが初の銀メダルを獲得。内容的にも大きな成果を上げた。

 各競技とも長期的な強化戦略が花開いた形だ。メダル7個を獲得したアルペンは長野・菅平で定期的に強化合宿を張った。選手たちは切磋琢磨(せっさたくま)と同時に、互いに技術を教え合った。特に男子座位は今大会で銀、銅の森井大輝(富士通)に引っ張られ、狩野亮(マルハン)が金と銅、鈴木猛史(駿河台大)が銅を取った。

 3大会連続5位のアイススレッジホッケーも大躍進。前回で海外勢との経験差を痛感した中北監督が、国際試合を大幅に増やした。場慣れした選手たちは、準決勝で地元カナダを破る大金星を挙げた。

 スキー距離は新田佳浩が金二つ、太田渉子が銀を獲得した。2人の所属先の日立システムは、04年から実業団チームとして活動費などを全面支援。競技に集中できる環境が、好結果につながった。初出場の車いすカーリングは1次リーグで敗退したが、3勝を挙げた。

 一方、大きな課題が若い世代の育成だ。アルペンの狩野は「21歳の(鈴木)猛史の下で台頭している選手がいない」。過去最高成績のスレッジホッケーも選手は30、40代が中心で、最年少は26歳。GK永瀬は「強くなるにはもっと人材が必要」と指摘する。

 最近はアルペンを中心に、個人でスポンサー契約を結ぶ選手も増え始めた。だが、「プロ化」が進むことで、皮肉にもごく一握りしか、トップレベルで競技を続けられなくなっている。

 強化と育成は車の両輪。日本パラリンピック委員会などが音頭を取り、若い障害者たちが、競技に興味を持って続けてもらえるような戦略的アプローチが必要だ。(広部憲太郎)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

お使いのパソコンの時刻情報を元に日本時間と−17時間の時差を反映したバンクーバー時間を表示しています。海外での利用時にはパソコンの時刻情報を日本時間に設定しない限り正しく表示されませんのでご容赦ください。

メダル獲得ランキング

(日本時間)03月01日(月)07時58分現在

順位 金メダル 銀メダル 銅メダル
1 国旗カナダ 14 7 5
2 国旗ドイツ 10 13 7
3 国旗米国 9 15 13
4 国旗ノルウェー 9 8 6
5 国旗韓国 6 6 2
20 国旗日本 0 3 2
twitter こちらから

バンクーバーの歩き方

バンクーバー早分かり

バンクーバー早分かり

バンクーバーの見どころをエリアごとにわかりやすくご案内。交通情報も網羅し、初めての人も安心して「歩ける」情報満載です。

ウィスラーの歩き方

ウィスラーの歩き方

もうひとつのメーン開催地・ウィスラーは世界でも人気のウィンターリゾート。観光スポ ットなど滞在に役立つ情報をご案内します。