メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

耕論 女性阻む、硬い天井 宋美玄さん、中村高康さん、木村忠正さん (9/19)

 女子の入学者数を抑えるため、一律に入試の得点を減点していた東京医大問題。表だって男女差別を認める人は少ないのに、何が「コンクリートの天井」とな………[続きを読む]

耕論

新着コラム

WEBRONZA

松谷創一郎 松谷創一郎

90年の『ちびまる子ちゃん』とたまと『ガロ』(09/20) [文化・エンタメ]

“隠し味”的に混じる“毒” 1990年は、バブルの真っ最中だった。 前年に元号が変わった日本社会には、ひたすらに明るい雰囲気が漂っていた。世界に目…[WEBRONZA で読む]

六辻彰二 六辻彰二

プラスチックごみ規制に出遅れた日本(09/20) [政治・国際]

 マクドナルドやスターバックスが廃止を表明したことで注目されたプラスチック製ストローに限らず、世界ではプラスチックごみの規制が緊急課題として浮上している。レジ袋など使い捨てプラスチック製品の使用を禁止…[WEBRONZA で読む]

駒井 稔

[書評]『未来を読む』(09/19) [文化・エンタメ]

あなたも21世紀の「役立たず階級」になるかもしれない 「二十一世紀、AIとバイオテクノロジーの出現により、『役立たず階級』というまったく新しい階級が出現すると考えています。私はあえて『役立たず』とい…[WEBRONZA で読む]

竹内敬二 竹内敬二

プルサーマルを推し進めるフランスの今後は?(09/19) [科学・環境]

 フランスらしいというべきか。フランスが建設してきた歴代の高速増殖炉(FBR)の名前(ニックネーム)は魅力的だ。1967年に運転を開始した実験炉は「ラプソディー(Rapsodie)」。次の原型炉は「フ…[WEBRONZA で読む]

WEBRONZAは月額700円(税抜)、単品ジャンル月額250円(税抜)の有料言論サイトです。
朝日新聞デジタルの有料会員は、追加料金なしで記事全文をお読みいただけます。
WEBRONZAのサイトでログインを求められたら、朝日新聞デジタルのIDとパスワードを入力してください。

投稿先

  • [東京・名古屋・西部本社]

    郵送

    〒104-8661
    東京・晴海郵便局私書箱300号 朝日新聞「声」

    ファクス

    0570-013579 / 03-3248-0355

    メール

    koe@asahi.com

  • [大阪本社]

    郵送

    〒530-8063
    大阪北郵便局私書箱44号 朝日新聞「声」

    ファクス

    06-6223-0737

    メール

    dai-koe@asahi.com

「声」テーマ特集、募集中!
特別企画「認知症とともに」

 9月21日は、世界アルツハイマーデーです。この日に合わせて、「声」欄では「認知症とともに」をテーマに、みなさんの投稿を募集します。
 認知症を抱える患者や家族、治療やケアに関わるスタッフ、暮らしやすい地域を支える住民。みなさんの経験、提案をお待ちしています。締め切りは、9月18日。
 500字にまとめ、住所・氏名・連絡先を明記し、上記へお送りください。

若い世代 こう思う 10月は「昔ばなし」

 「若い世代 こう思う」は月に1度のコーナー。次回10月のテーマは「昔ばなし」です。
 かぐや姫や桃太郎、裸の王様に人魚姫。あなたの好きな「昔ばなし」は何ですか。アニメや絵本で知った童話、民話、怪談の思い出、大人から繰り返し聞かされる「昔の話」もOKです。
 400字以内、住所・氏名・連絡先を明記して上記投稿先へ。学校で取り組まれた原稿もお待ちしています。
 締め切りは10月5日(必着)です。10月13日掲載の予定です。

「外国人との共生」 引き続き募集中

 「外国人との共生」を一緒に考えてみませんか。例えば、外国人旅行客は今年3千万人を超える見込みです。それは、地域活性化に結びつくのか? 光と影は?
 便利な社会を支えるため、様々な場所で外国人が働き、観光客や留学生も増えています。少子高齢化で地域経済が縮小する日本の各地で活気とビジネスチャンスを生んでいます。日本社会はもはや外国人の支えなしでは成り立たない時代に入りました。一方で、各地で新たな問題も浮上しています。
 500字にまとめ、住所・氏名・連絡先を明記し、上記へお送りください。みなさんの経験談や課題、提案を待っています。外国の方の投稿もお待ちしています
 引き続き募集中。順次掲載していく予定です。

語りつぐ戦争

 「語りつぐ戦争」を原則として偶数月の第3月曜日に掲載しています。
 具体的な戦争体験を、その当時の思いとともに500字程度でお寄せください。
 字数内にまとめきれなければ、こちらでお手伝いします。
 「戦争特集」と明記してください。

平和のバトン

 戦後73年。戦争を生き抜いた人が減る中、その体験を受け継ぎ、「平和のバトン」を次代につなぐために今できることは何でしょうか。
 皆さんの思い、経験、活動を500字程度でお寄せください。
 原則として奇数月の第3月曜日に掲載します。

  • 「声」は500字程度。
  • 「朝日川柳」は1通に2句以内。
  • 「朝日川柳」の10月の課題は9月25日ごろ発表します。
  • 「かたえくぼ」はペンネームを書き添えてください。
  • いずれも表題に「川柳」「かたえくぼ」と入れてください。
  • 住所、氏名、年齢、性別、職業、連絡先(電話番号は携帯も)を明記してください。
  • メールのファイル添付はご遠慮ください。
  • 実名原則。ブログやフェイスブックなどネット上で公開したものも含め二重投稿はおやめください。
  • 趣旨は変えずに直すことがあります。
  • 採用分には謝礼をお送りします。
  • 原稿はお返ししません。採否の問い合わせもご遠慮願います。
  • デジタルメディアにも収録します。
  • 朝刊の「WEBで読む」からお読みいただく「声」ページでは、東京本社版に掲載した投稿を配信しています。
  • 有料会員(フルプラン)のみなさまには、東京、大阪、名古屋、西部各本社版の「声」紙面イメージを、掲載日から14日間ご覧いただけます。

注目コンテンツ