メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

コラム「風」一覧

■風 北米から

(風 ワシントンから)トランプ氏生んだ「市民対市民」 沢村亙(2017/11/27)

 愛国心が惜しみなく称揚されるすぐ傍らで、不正義が糾弾される、不思議な光景といえた。 先日観戦したアメリカンフットボールのプロリーグ戦。まずスタジアム中が起立して国歌を唱和し、合間には招待客のイラク帰還兵が「わが町の英雄」として誇らしく紹介される。 一方、フィ…[続きを読む]

■風 中国から

(風 北京から)毛沢東思想の村、理想と現実 古谷浩一(2017/12/18)

 やさしそうな目をした若い男性がぺこりと頭を下げた。 「お待ちしていました。どうぞ」。陳武陽さん(25)は丁寧な口調でそう言って、私を農場に招き入れた。 田園地帯が広がる河北省の農村。ここで、共産主義への道を信じる約50人の若者たちが共同生活を送っている。 「…[続きを読む]

■風 ヨーロッパから

(風 バルセロナから)カタルーニャ、80年後の「讃歌」 石合力(2017/11/6)

 バルセロナ中心部のカタルーニャ広場には、スペインからの独立を求める市民が集まる。そこに面したホテルに80年前、30代半ばの英国人記者が投宿していた。後に小説「一九八四年」で全体主義の恐怖を描いた作家ジョージ・オーウェルである。 スペイン内戦を取材に来た彼は、…[続きを読む]

■風 中東から

(風 カイロから)ISの芽を摘め、ネット監視団 翁長忠雄(2017/11/20)

 パソコンがずらりと並ぶ部屋で、調査員たちがアラビア語のほか、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ウルドゥ語、中国語、トルコ語、ペルシャ語など10言語の班に分かれて画面に向かっている。 検索しているのは、イスラム過激派に関連するあらゆる情報だ。エジプトにあ…[続きを読む]

■風 アジアから

(風 バンコクから)総選挙の約束、軍政は守るのか 貝瀬秋彦(2017/12/4)

 「次期総選挙で新政党、新たな政治家が必要か」「国家平和秩序評議会(NCPO)に政党を支持する権利はあるか」――。タイ軍事政権のプラユット暫定首相は11月8日、国民に六つの質問を投げかけた。NCPOは軍政の最高機関で、プラユット氏が自ら議長を務める。 「軍関係…[続きを読む]

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ