プロ野球

表紙ページへ
選手名鑑
セ・パ日程
 
松坂、イチローを3連続奪三振
初対決、天才打者も脱帽

 イチローの腰が、ひける。147キロのストレートが、外角高めに決まった。腕を伸ばしきった先のバットが、むなしく空を切る。

 1回、カウント2−2からの6球目だ。「うれしい」と怪物ルーキー。「速かった」と天才ヒッター。

 こん身の直球が、初対決を制す。それは、5年連続首位打者の振り子打法を狂わせた、1球にもなった。

 昨年12月の入団会見。「イチローさんを力でねじ伏せたい」。18歳は誓っている。「持てるものを全部出してほしい。僕もそうする」。対戦を前にして、25歳も応じた。松坂はその初勝負を制すと、さらなる力を見せつける。

 3回2死二、三塁。鋭く曲がるスライダーで、バットを振らせない。6回無死。直球を5球続けた後、スライダーを沈ませて空振りに。3連続三振にねじ伏せた。「直球ばかりか、変化球にも力があった」と、イチローに天を仰がせた。

 3日に右手中指に違和感を覚えた。それ以来の登板にもかかわらず、8回141球を投げて自己最多の13奪三振。3安打無失点に抑え込んだ。「今まで自信が持てなかった。でも、今日で自信が確信に変わった」。イチローを封じ、一層の飛躍を自ら明言する。

 野茂、伊良部が米国に渡り、力勝負できる投手が消えて久しい。「これからもイチローさんから三振を狙う」。松坂の挑戦は、終わらない。「勝負以外の楽しみができました」。イチローが、雪辱を誓った。

 真っ向勝負を求め合う2人。新たなライバル物語が、始まった。(由利英明)

●首位打者も引き立て役

 5年連続首位打者のイチローも、この日は松坂の「引き立て役」だった。初対決は、外角直球に腰が引けたように振り遅れて空振り三振。2打席目はほぼ真ん中へのスライダーに手が出ず見逃し三振。3打席目も外角スライダーを空振り三振し、鋭い目つきをしてベンチへ引き上げた。

 同一投手から1試合で3連続三振を喫したのは、1994年9月の近鉄戦で高村に喫して以来のこと。「(投球のとき)なかなか胸のマークが見えてこない」と、打ちにくい理由を分析し、「後半でもあれだけのスピードを出せるんだから、基礎体力があるのでしょう」と18歳のルーキーを絶賛した。

★★松坂対イチロー・全打席★★
1打席目(1回2死無走者)
  球 種 スピード   カウント
直   球 149キロ ボール 0―1
直   球 153キロ ファウル 1―1
スライダー 137キロ ボール 1―2
スライダー 133キロ ストライク 2―2
直   球 151キロ ファウル 2―2
直   球 147キロ 空振り 三振
2打席目(3回2死1、3塁)
スライダー 134キロ ボール 0―1
スライダー 132キロ ストライク 1―1
直   球 151キロ ストライク 2―1
フォーク 123キロ ボール・暴投 2―2
スライダー 134キロ ボール 2―3
スライダー 134キロ 見逃し 三振
3打席目(6回無死無走者)
直   球 149キロ ファウル 1―0
直   球 147キロ ボール 1―1
直   球 141キロ ファウル 2―1
直   球 147キロ ボール 2―2
直   球 151キロ ファウル 2―2
スライダー 136キロ 空振り 三振
4打席目(8回2死無走者)
直   球 152キロ ボール 0―1
直   球 151キロ ボール 0―2
直   球 表示なし ボール 0―3
直   球 145キロ ストライク 1―3
直   球 151キロ ボール 四球

◇西武ドーム・5月16日
 
1
オリックス
西武
【オ】●高橋功、マーク、小倉、水尾、徳元 【西】○松坂、S西崎

tengoku Image

asahi.com Image

「asahi.com に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています(著作権とリンク広告掲載についての説明ページへ)。
Copyright 1999 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.」