asahi.comトップ スポーツタイトル
総合目次へ天気予報へ スポーツトップへ 速報へ
プロ野球へ
サッカーワイドへ
競馬へ
モータースポーツへ
コラムへ
シドニー五輪へ

女子複で杉山組が優勝
全米オープンテニス 最終日

杉山組
女子ダブルスで優勝しカップをかかげる杉山愛とデキュジス=AP
 テニスの今季4大大会最終戦、全米オープン最終日は10日、ニューヨークのナショナル・テニスセンターで女子ダブルス決勝があり、杉山愛(25)、ジュリー・アラール・デキュジス(30)=フランス=組が、カーラ・ブラック(ジンバブエ)、エレーナ・リホフツェワ(ロシア)組を6―0、1―6、6―1で破り、初優勝を飾った。男子シングルスはマラト・サフィン(ロシア)がピート・サンプラス(米)を3―0で下し初優勝を飾った。

 4大大会の女子ダブルスで日本人選手が優勝したのは、1975年のウィンブルドン選手権を沢松(現姓吉田)和子が、アン・キヨムラ(米)と組んで制して以来、25年ぶり2人目。杉山は、昨年、マヘシュ・ブパシ(インド)と組んだ混合ダブルスで優勝しており、全米オープンで2年連続のタイトルを獲得した。

 今年からペアを組んだ杉山組は全豪オープンで8強、全仏で4強、ウィンブルドン選手権で準優勝、そして第2シードになった全米で優勝と、成績を上げた。4大大会以外のツアーでもすでに3勝している。

 男子シングルス決勝では、第6シードのマラト・サフィン(ロシア)が、第4シードのピート・サンプラス(米)を6―4、6―3、6―3で下し、4大大会初優勝を飾った。ロシア選手としては、1968年のオープン化以来、初の全米制覇で、20歳7カ月は、同大会史上3番目に若いチャンピオンとなった。

9月10日


 【第1日】 杉山愛が1回戦を突破
 【第2日】 女子シングルス、浅越初戦勝つ
 【第3日】 杉山愛、3回戦届かず
 【第4日】 浅越が初の3回戦へ、アガシ敗れる波乱
 【第5日】 杉山組が3回戦へ
 【第6日】 浅越はベスト16進出ならず
 【第7日】 セレシュ、ビーナスらがベスト8へ
 【第8日】 杉山組が8強進出
 【第9日】 ヒンギス、セレシュ下す
 【第10日】 杉山組4強進出
 【第11日】 杉山組決勝進出
 【第12日】 女子決勝はダベンポートVS.ビーナス

スポーツのトップページへ


asahi.com Image

asahi.com に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています(著作権とリンクプライバシー広告掲載についての説明ページへ)。
Copyright 2001 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.