メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

滝平二郎 版画ときりえと絵本原画

 1970年代に朝日新聞日曜版の「顔」を飾った滝平二郎のきりえが本になった。庶民の暮らしや昔の農村風景を詩情豊かに描き、8年4カ月もの長寿連載で人々のこころを和ませた。70〜78年に紙面連載された作品の中から70余点を集めた『滝平二郎きりえ名作集 冬−春篇』が2月20日に発売され、懐かしい昭和の光景がよみがえる。
 21日〜3月4日には千葉県の柏市民ギャラリー(柏高島屋ステーションモールS館8階)で、「滝平二郎の仕事展」が開催されている(一般500円、中学生以下無料)。版画家として画業をスタートしたころの作品から日曜版も含めたきりえ、絵本原画まで、未公開作品を含む100点が展示されている。制作時に切り抜かれるため通常は残らない下絵が先ごろ自宅から大量に発見され、下絵と完成した作品を並べて展示する試みで、滝平の細やかな技に接することができる。
 きりえ名作集と展示作品の一部を紹介する(断りのないものはきりえ)。 [記事詳細]

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

購入・利用について(おわけできない写真もあります)

「滝平二郎の仕事展」

写真

写真

写真

写真

写真

写真

表紙画像

滝平二郎きりえ名作集 冬―春篇

著者:滝平二郎

出版社:朝日新聞出版  定価:¥1,575

PR情報

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】ジムも旅もスタイルが大事!

    「エアー」のバッグでモダンに

  • 【&TRAVEL】どっぷり本に浸る古書の旅

    インテリアに浮世絵はいかが?

  • 【&M】千野麻里子さん

    杜氏17年、毎年が1年生

  • 【&w】アカデミー賞、もうすぐ本番

    栄冠の行方は…候補を紹介

  • ブック・アサヒ・コム直木賞も近い?須賀しのぶ

    小説「また、桜の国で」が話題

  • WEBRONZA児相が虐待を防せげない理由

    通告が急増、年10万件に

  • 写真

    ハフポスト日本版 あさま山荘から45年

    視聴率90%、日本中が息をのむ

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ