メニューを飛ばして本文へ
朝日新聞創刊130周年記念・テレビ朝日開局50周年記念 アサヒコムトップへ
「巨匠ピカソ」
ここから本文

関連企画

トークショー・講演会・シンポジウム(国立新美術館)

いずれも国立新美術館3階講堂にて(先着250人)
聴講無料(本展の入場券が必要です)

トークショー 終了しました
10月5日(日)午後2時
「私にとってのピカソ」
佐藤可士和氏(アートディレクター・SAMURAI代表)
講演会 終了しました
10月11日(土)午後2時
「天才ピカソの変貌―スペイン・地中海・女たちへ―」
高保二郎氏(早稲田大学文学学術院教授)
シンポジウム
11月15日(土) 午後2時
「ピカソ―今日の展望―」
河本真理氏(京都造形芸術大学准教授)×田中正之氏(武蔵野美術大学准教授)×林道郎氏(上智大学教授)×松浦寿夫氏(東京外国語大学教授)

エデュケーション・プログラム(サントリー美術館)
終了しました

記念講演会
サントリー美術館6階ホールにて
10月25日(土)午後2時〜午後3時30分
「ピカソにとっての自画像」
高階秀爾氏(美術史家)
応募締め切り:10月10日(金) (定員:100名)
聴講料:2,000円(入館料込み)
※サントリー美術館のメンバーズ・クラブ会員割引は、会員誌「サントリー美術館ニュース」にてご案内します。
<申し込み方法>
・往復はがき:1人につき1枚、〒107-8643 東京都港区赤坂9-7-4 サントリー美術館「エデュケーション・プログラム」係までお申し込みください。
[必要事項=プログラム名・氏名・年齢・郵便番号・住所・電話番号・会員ナンバー(メンバーズのみ)]
・WEB:下記のサイトからお申し込みください。
 http://suntory.jp/SMA/
・応募多数の場合抽選。結果は全員の方にイベント実施日の約10日前までに郵送します。
※ご記入いただいた個人情報は、抽選発表の目的でのみ使用し、イベント終了後は破棄します。

巨匠ピカソ展 記念コンサート (サントリーホール) 終了しました

エサ=ペッカ・サロネン指揮
ロサンゼルス・フィルハーモニック

2008年10月21日(火) 19:00開演、10月22日(水) 19:00開演

写真

ダイナミックで色彩感豊かなサウンドを誇るアメリカ西海岸の名門ロサンゼルス・フィルハーモニックが、エサ=ペッカ・サロネンとともに来日します。17年にわたり音楽監督を務めてきたサロネンとの来日は1994年以来14年ぶり、2008/09シーズンで音楽監督を勇退するサロネンとロサンゼルス・フィルの集大成を聴くラストチャンスとなります。サロネンとのコンビで最も得意としてきた、ストラヴィンスキーを中心としたプログラムをお届けします。

「巨匠ピカソ展」にあわせて、ピカソが深くかかわっていた20世紀初頭のディアギレフとロシア・バレエ団による舞台総合芸術を意識したプログラムが組まれています。ピカソとともにディアギレフの最も重要な盟友であったストラヴィンスキーは、晩年ロサンゼルスに住み、ロサンゼルス・フィルとも交流の深い作曲家でした。

詳しくはサントリーホールのサイトへ http://www.suntory.co.jp/suntoryhall/sponsor/081021.html



asahicomトップへ 朝日新聞のイベント情報 ページの上へ
ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission