メニューを飛ばして本文へ
巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡
ここから本文

《ドラ・マールの肖像》

写真
1937年 油彩/カンヴァス
©2008 - Succession Pablo Picasso - SPDA (JAPAN)
©Photo RMN - ©Jean-Gilles Berizzi/distributed by DNPAC

 1936年、ピカソは画家で写真家のドラ・マールに出会います。愛人のマリー=テレーズが娘のマヤを出産したばかりで、ピカソの私生活はそれなりに安定していた時期ですが、美貌と才気をかねそなえたマールは彼の心を瞬時にとらえ、創作意欲を刺激しました。この美しい肖像には、真っ赤に塗られた長い爪、くっきりとした二重の目などマールの風貌の特徴に加えて、知性や意思の強さといった内面的な特質が、みごとにとらえられています。


asahicomトップへ 巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission