メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月10日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

(SKE48のグッジョブ)靴職人を体験

【動画】SKE48のグッジョブ・靴職人編=山吉健太郎撮影

写真:紳士靴の塗装作業をする木本花音さん(左)と内山命さん=細川卓撮影拡大紳士靴の塗装作業をする木本花音さん(左)と内山命さん=細川卓撮影

写真:プレス機で型を付ける作業に驚く内山命さん(左)と木本花音さん=細川卓撮影拡大プレス機で型を付ける作業に驚く内山命さん(左)と木本花音さん=細川卓撮影

■腕を磨けば足元キラリ

 【加藤勇介】革と塗料の匂い、ハンマーでたたく音に、プレス機や特殊なミシンの機械音が響く。靴メーカー「マドラス」(名古屋市中区)の工場で、内山命(みこと)さん(17)と木本花音(かのん)さん(15)は「私たちにできそうなことが無いんですが」と心配しながら、ジャージーに着替えた。今回は、靴職人に挑戦だ。

 まず、完成までの工程を見学する。靴底の縫い付け、つま先や踵(かかと)の補強……。内山さんが「こんなに手間がかかってるんだ」と驚いたのが、革を美しく見せる作業。ハンマーでたたいてなめし、熱してシワをとり、ツヤが出るまで磨く。動物の革には癖があるが、商品では左右の靴に違いは許されない。そのための微調整は機械ではできない。すべて手作業だ。

 2人が挑戦したのは、最終工程の塗装とツヤ出し。筆とスポンジを使って塗料を塗り、指先に布を巻き付けて黙々と磨く。革靴にアンティークな雰囲気と高級感が生まれる。「手がつりそうです」と言いながら磨き続けた木本さんは、色とツヤが出た靴に「全然違う。同じ靴とはわからない」と満足げだった。

 工場長の岡田松二(しょうじ)さん(55)から「初めてにしては上手」とほめられた2人は、「オシャレは足元から。これからは人の足元が気になる」と話していた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

PR情報
検索フォーム

asahi+C(朝日プラス・シー)

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】野村佐紀子が写す境界線

    写真展 “GO WEST”

  • 写真

    【&TRAVEL】『この世界の片隅に』新作

    劇場鑑賞券プレゼント

  • 写真

    【&M】“非常識”シューズ「DADA」

    爆笑と脱帽が同居する一足

  • 写真

    【&w】「本日のケーキ」はお楽しみ

    鎌倉から、ものがたり。

  • 写真

    好書好日「講談」の面白さ伝える絵本

    人気の神田松之丞さんが監修

  • 写真

    論座最強棋士引退とAI研究

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンペッレ モルビダの限定品

    クロコダイル4モデル登場

  • 写真

    T JAPAN実はかわいい!?「木彫り熊」

    編集者・安藤夏樹さんの蒐集品

  • 写真

    GLOBE+動画の歴史を3分で紹介

    人はなぜ動画に魅了されるのか

  • 写真

    sippo犬猫の保護29年続ける団体

    大阪のアークを訪ねた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ