メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

(SKE48のグッジョブ)アナウンサーを体験

【動画】SKE48のグッジョブ・アナウンサー編=メ〜テレ撮影

写真:メ〜テレの大川敦子アナウンサー(左)の指導でニュース原稿を読むSKE48の金子栞さん(中央)と磯原杏華さん=名古屋市中区、高橋雄大撮影拡大メ〜テレの大川敦子アナウンサー(左)の指導でニュース原稿を読むSKE48の金子栞さん(中央)と磯原杏華さん=名古屋市中区、高橋雄大撮影

写真:メ〜テレの大川敦子アナウンサー(左上)の指導で腹式呼吸の練習をするSKE48の磯原杏華さん(下)と金子栞さん=名古屋市中区、高橋雄大撮影拡大メ〜テレの大川敦子アナウンサー(左上)の指導で腹式呼吸の練習をするSKE48の磯原杏華さん(下)と金子栞さん=名古屋市中区、高橋雄大撮影

(記事の末尾に、サイン入りインスタント写真プレゼントの応募要項があります)

磯原杏華さんが読む催しニュース金子栞さんが読むお天気ニュース

■思い込め お伝えします

 【加藤勇介】「ニュースをお伝えします」。名古屋市中区のメ〜テレ(テレビ朝日系列)で、磯原杏華(きょうか)さん(16)と金子栞(しおり)さん(17)がテレビ局の花形、アナウンサーに挑戦した。

 「青い家」「魚市場(うおいちば)」「この杭は引き抜きにくい」。母音が続くのがアナウンサー泣かせの難読言葉だ。はっきりと話すため、「あ」は指3本入るくらい口を大きく開け、「い」は口角を思いっきり上げてと、大川敦子アナウンサー(44)の指導で基礎の発声練習に取り組む。

 「間違った情報を伝えないため、焦らずにゆっくり」と助言した後、大川アナウンサーは「カメラの向こうに好きな人がいると思って話しかけて」。磯原さんが百貨店でのイベント、金子さんがお天気を伝える原稿を読んだ。

 言葉に詰まることなく読み切ると、「かまないかドキドキした。早口になる癖があるのでゆっくりを意識しました」(磯原さん)、「滑舌が悪いので緊張したけど、とっても楽しい。もっと読みたくなった」(金子さん)と笑顔がこぼれた。

 「視聴者に伝える気持ちが出ていました。滑舌をよくするには普段から大きな声を」と大川さんから講評を受け、「ハイ!」と大きく返答。そんな2人のニュースをご覧ください。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

PR情報
検索フォーム

asahi+C(朝日プラス・シー)

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】白と青の器でおもてなし

    至福のカフェタイムへと導く

  • 写真

    【&TRAVEL】ヨセミテ公園の南玄関口の街

    写真家が旅するオークハースト

  • 写真

    【&M】大御所シェフたちがとりこに

    一度は行きたい「カツ」の店

  • 写真

    【&w】女性誌の意外な特集

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日横尾忠則さん、自我を語る

    芥川賞作家2人とアトリエ鼎談

  • 写真

    論座トランプリスクと日韓

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンアンダーズ 東京のエクレア

    相手の心を一瞬でつかむ手土産

  • 写真

    T JAPAN次世代シェフの「和食」

    これは聖域なき革命だ!

  • 写真

    GLOBE+中村哲先生、あとは任せて

    アフガニスタン人留学生の決意

  • 写真

    sippo突然、家に小さな子猫が…

    中年男性の眠れぬ夜が始まった

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ