メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

鑑識、もう「脇役」じゃない モノから捜査、増す存在感

写真:床をはうように血液採取の訓練をする鑑識課員=愛知県春日井市、細川卓撮影拡大床をはうように血液採取の訓練をする鑑識課員=愛知県春日井市、細川卓撮影

図:鑑識課の主な組織(愛知県警)拡大鑑識課の主な組織(愛知県警)

 かつて刑事ドラマでは脇役だった鑑識課員が、最近では主役級の活躍をするケースが目立つ。人気ドラマ「相棒」シリーズでも、六角精児さん演じる鑑識課員が重要な役回りを演じ、主役になった映画までできてヒットした。鑑識ドラマを作り続けるプロデューサーに、魅力を聞いた。

■ドラマ「警視庁鑑識班」プロデューサー 木川康利さん 

 「ヒトはうそをつくが、モノはうそをつかない」。ドラマの中で使ったそんなせりふが、鑑識の魅力を表している。血痕や指紋、遺留品など「モノ」から事件を考えることが、鑑識のだいご味でしょう。殺人事件などを扱う捜査1課の刑事が、被害者や容疑者などの「ヒト」から事件を解決していくのとは対照的だ。

 鑑識は最初に現場を丹念に見て、指紋の付き方や足跡の向きから、犯人の行動を考えることができる。ドラマでは、遺体の目線から「死ぬ直前に何を見ていたのか」「犯人はどこに立って何をしていたのか」などと事件の筋道を推理させることもあった。

 主人公にしたきっかけは、交通鑑識のドキュメンタリー番組を偶然見たこと。車の塗膜片を探し、犯人を割り出していく作業を見て、「いつも脇役の鑑識課員と主役の捜査1課の刑事とを入れ替えたら面白いかも」と思い始めた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

PR情報
検索フォーム

asahi+C(朝日プラス・シー)

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】タブレットにもなる超薄型PC

    薄さ約9.9ミリ、重量約775g

  • 写真

    【&TRAVEL】激揺れバスでヒマラヤ登山口

    再び「12万円で世界を歩く」

  • 写真

    【&M】時代に合ったコンセプトカー

    小川フミオの「世界の名車」

  • 写真

    【&w】森でいちばんのもふもふ

    ふくろうの赤ちゃん

  • 写真

    好書好日埼玉の人、ごめんなさい

    魔夜峰央「翔んで埼玉」映画に

  • 写真

    WEBRONZA橋本治は「体」の人だった

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン2シーターを楽しむジャガー

    2台目に欲しいスポーツカー

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第36回

  • 写真

    GLOBE+候補者なんと73人

    ナイジェリアの大統領選

  • 写真

    sippo倉庫の中で産まれた子猫

    新しい家で兄貴分に出会う

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ