メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月13日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

(SKE48のグッジョブ)警察官を体験

【動画】SKE48のグッジョブ・警察官体験本編=メ〜テレ提供

写真:逮捕術を体験する竹内舞さん(左)と岩永亞美(つぐみ)さん=名古屋市東区、高橋雄大撮影拡大逮捕術を体験する竹内舞さん(左)と岩永亞美(つぐみ)さん=名古屋市東区、高橋雄大撮影

写真:敬礼のポーズをする岩永亞美(つぐみ)さん(左)と竹内舞さん=名古屋市東区、高橋雄大撮影拡大敬礼のポーズをする岩永亞美(つぐみ)さん(左)と竹内舞さん=名古屋市東区、高橋雄大撮影

(記事の末尾に、サイン入りインスタント写真プレゼントの応募要項があります)

特典映像はこちら

■悪い人、逮捕しちゃうぞ

 【森直由】「敬礼!」。竹内舞さん(19)と岩永亞美(つぐみ)さん(19)は、ナゴヤドームに近い愛知県警東警察署(名古屋市東区)で警察官を体験した。

 まずは、警察署近くの公園を生活安全課の浦野早希子巡査部長(30)とパトロールした。

 「周囲を見回して、ふだんと違うところがないかチェックしましょう」という浦野さんの前に、不審者役の男性警察官が登場。浦野さんは、すぐに「こんにちは」「ちょっとお話を聞きたいので、警察署まで一緒に来てもらえますか」などと職務質問した。

 2人は「切り替えがすごい!」と感心しきり。職務質問にチャレンジしてみたが、男性に「何でそんなこと言わなきゃいけないの?」などと言われ、2人とも言葉に詰まってしまった。

 署の5階にある道場では、犯人を取り押さえるための「逮捕術」の訓練中。「強そう」「圧倒されました」という2人も、ソフト警棒で男性署員をたたいて、押さえ込んだ。

 女性の警察官で一番大切なことについて、浦野さんは「男性に負けてしまいがちな部分を、自分の特技でフォローできるように頑張ること」と話した。「命がけの仕事だと分かりました」と竹内さん。岩永さんは「本当にかっこいいですね」と目を輝かせた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

PR情報
検索フォーム

asahi+C(朝日プラス・シー)

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】デュフィ展 今週末まで

    絵画とテキスタイル・デザイン

  • 写真

    【&TRAVEL】ヨセミテ公園の南玄関口の街

    写真家が旅するオークハースト

  • 写真

    【&M】スタッフは全員野球好き!

    福井県発のアパレルブランド

  • 写真

    【&w】追われるより追いかけたい!

    佐久間由衣×村上虹郎の恋愛観

  • 写真

    好書好日今年の不動産「クソ物件」

    業界のツイッター集団が決定

  • 写真

    論座医療費の削減を邪魔する者

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンワーケーションの価値とは?

    便利な時代でも移動は必要?

  • 写真

    T JAPAN実はかわいい!?「木彫り熊」

    編集者・安藤夏樹さんの蒐集品

  • 写真

    GLOBE+視聴者の「時間」を奪い合う

    動画戦国時代を勝ち抜くのは─

  • 写真

    sippo愛猫が年賀状のモデルに

    印刷すると動物への寄付になる

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ