かつて「陸の孤島」と呼ばれた秘湯(群馬県)法師温泉 長寿館

湯の記憶~秘湯・名湯を訪ねて~

更新日:2017年04月19日

 1980年代、往年の映画スター上原謙と高峰三枝子が出演した国鉄(現JR)の「フルムーン」のCMで有名になった。


 2人が出演した大浴場は、1985(明治28)年の築造。川底から湧き出る温泉を湯船にし、その上に丸太を組み、スギ皮ぶきの屋根をのせた炭焼き小屋を大きくしたような建物だ。

 湯船の底は岩盤と泥。そこに石ころを敷き詰めて平らにしてある。四つの湯船を太い丸太が仕切り、これを枕にゆっくり湯の味を……という風呂である。「温泉の湧き口の湯に入れるということで人気です」と岡村興太郎館長。

 弘法大師が見つけたとされることから、その名がついた。だが、1931(昭和6)年に上越線が開通するまでは、「陸の孤島」と呼ばれた地域の「知る人ぞ知る」秘湯だった。


 1875(明治8)年築造の本館玄関わきには大きな囲炉裏が切ってあり、絶えることなくいろり火が燃える。主人が客人に竹のひしゃくで鉄の茶釜の湯を振る舞う。かつてこの宿を訪れた作家川端康成は、ここに座って一首詠んだ。

 山祈る太古の民の寂心 今日新にす法師湯にして

 大浴場と本館、別館(昭和15年)の3棟は国の登録有形文化財に指定されている。

協力:一般社団法人 日本秘湯を守る会

法師温泉 長寿館 ホームページ:http://www.hoshi-onsen.com/

関連記事

注目キーワード

PAGE TOP