30歳差でも話が弾む 「地域デビュー」体験談を共有

4/22開催 リアル読者会議リポート

更新日:2017年05月16日

 4月22日、朝日新聞東京本社で「リアル読者会議」を開催しました。当日は、年齢、性別だけでなく、立場や思いも違う人たちが「地域デビュー」について語り合い、大いに盛り上がりました。事前に何人かの参加者の方へ依頼していた「リアル読者会議」についてのリポートが届きました。


「定年後の夫に危機感、お手本いただいた一日」 小川 裕子さん(55)

 定年後も夫婦仲良く暮らすには夫の地域デビューが欠かせないと思っている。しかし夫には地元に友人と呼べる人は皆無。これといった趣味もなく、週末は家でテレビか仕事。軽い危機感を覚えていたところだった。

 地域デビューというと、既存の団体に単身飛び込んでいくイメージがあり、社交的とはいえない夫には少々難易度が高いかも…と感じていた。しかし今回、専門家の先生方や実際に地域デビューされた方々のお話を聞いて、一口に地域デビューと言っても中身は様々で、まずは本人が楽しめるものを始めてみれば良いのだと分かった。没頭できる趣味が皆無の夫でも、今までに夢中になった事の一つや二つはあるはず。定年まであと10年。少年の頃の夢を思い出しながら、10年かけてゆっくりやりたい事探しをしてもらおう。

 それにしても参加者の皆さんが初対面とは思えないほど話しやすいのには驚いた。とかく自慢話に走りがちな年配男性のどなたもが相手の目を見て話し、人の意見に耳を傾ける。もともと備わっていたものなのか、地域デビュー後に手に入れたものなのか。かなりご高齢の男性もいらしたが、その辺の若者よりよっぽど覇気がある。これからのお手本とヒントをたくさん頂いた1日だった。


「知恵を感じる会、知識を披露しあう会議より楽しい」 五十嵐 幹雄さん(61)

 地域と言っても、隣近所から行政単位までがあり、地域への関わりや活動も様々である事に気付かされた読者会議でした。

 「座談会」は、題名どおりリアルな話し合いとなりました。既に地域活動中の男性6人が、地域デビューの仕方、現在の地域活動状況、地域活動の問題を語り合いました。初めて出合った方々でしたが、地域活動中という共通項と初対面の気安さからか、本音ベースで語り合える有意義な時間でした。組織運営や人間関係の問題については、私自身の問題でもあり身につまされました。

 会議後の懇親会で女性の方から「地域活動デビューした後で人間関係が壊れたら、居場所が無くなりそうで怖くてデビューをちゅうちょします」と。小学校のママ友がいて地域のつながりがある女性の本音です。家に寝に帰るだけの仕事人間で地域とつながりの無かった男性とは、違う地域活動の難しさを感じました。

 知恵が感じられる会議は、知識を披露しあう会議より面白く楽しい。地域活動デビューや地域活動への知恵がちりばめられた楽しい会議でした。


「閉じこもりの弊害、もっと伝える必要ある」 林野 均さん(63)

 第2部の座談会では6人ずつのグループに分かれて話し合いをしましたが、私のグループは4人が女性で、やはりそれぞれのご主人をどうしたら外に出せるのか知りたいということで参加されたそうです。私の回りを見ても、「会社やめたんだからもう何もしたくない」と言う人も見受けられます。

 「外に出たい、地域デビューしたい」、という人に対する情報とともに、閉じこもりがちな人に対して、その弊害と、老化予防のためにも外に出ることが必要だということを、もっと伝えるような情報も必要だと感じました。


「今まで生きてきたことを元に、楽しく」 嶋 憲子さん(72)

 みなさんに共通の思いは「地域デビューの入り口が具体的に分からない」「引きこもりの人達の拾い方が分からない」「ボランティア活動のリスクも知りたい」でした。結果、「本人の今まで生きてきた事を元としてでき得ることをしていく。緩い連帯感で無理なく楽しく過ごしましょう」という結論に。みなさん、人に話し、人に聴いてもらいたかったのでしょう。意味ある会議になったと思いました。


リアル読者会議 担当者より
 「読者会議」を立ち上げて4カ月、リアル読者会議は初めてのイベントでした。メンバーはどんな方なのか、楽しんでいただけるのか――。緊張して当日を迎えましたが、心配は無用でした。座談会での活発な意見交換や、懇親会の際に女性メンバーが長年地域で活動している男性たちに「取材」するなど、パワフルさに圧倒されました。「意見を言うことがこんなに楽しいと思わなかった」。アンケートではこんな感想もいただきました。私も皆さまにお会いできて楽しかったです。ありがとうございました。今回の一期一会を大切にし、これからも読者会議を盛り上げていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。(吉浜織恵)

リアル読者会議の模様は、第1部「初会合で『定年後の地域デビュー』語り合う」第2部「それぞれの地域デビュー 続けるこつは『ゆるい連帯感』」でお読みいただけます。

関連記事

読者会議の関連記事

注目キーワード

PAGE TOP