面と向かっては言えない 義理の娘・息子への本音

<Reライフアンケート・みんなの体験談>息子の妻、娘の夫とのつきあい方

更新日:2017年07月16日

 子どもの結婚で家族となった義理の娘・息子。「最も身近な他人」だからこそ、気になっても言えないことはありませんか?アンケートで良好なつきあい方のコツを尋ねたところ、無言を貫く冷戦関係や許容できない趣味や嗜好(しこう)など普段口にできない本音を打ち明ける方も少なくありませんでした。親が知らない子の心もチラリ、垣間見えました。


良好な関係は遠く


●長男夫婦は、主人が亡くなった時、私が財産を隠していると疑って裁判を起こしました。遺産を得た後は9年間音信不通。最近メールを1度やりとりしたけれど、住所もわかりません。付き合う以前の問題です。
 次男は1週間に1度はきてくれますが、その嫁はまったく会えていません。孫も嫁の実家いりびたりです。良好な関係になりたいのですが……。(神奈川県 女性 70~74歳)

●息子の嫁2人。家内の見方は厳しい。嫁の1人が決定的に不愉快な言葉を吐いた由で、息子も無視することになった。今後永久か否かは不明だが、そのままにしてある。こんな関係で、他の1人への評価は甘い感じ。(茨城県 男性 75~79歳)

●嫁がいます。彼女とその母親との関係が密過ぎて驚きました。特に孫が出来てからは、母親がしょっちゅう子どものマンションに来ていますし、1週間の単位で嫁も実家に泊まりにいっています。私は遠巻きに見ている感じ。というより、子どもの家からは遠のいてしまいました。(埼玉県 女性 60~64歳)


ペットがもたらす心配と信頼


●娘のパートナーがある動物をたくさん飼っていて困っている。数種類を30匹以上で、家の中の半分がペット部屋。孫娘たちの衣類は、柔軟剤の香料とペットの悪臭がする。娘に伝えても悪臭に慣れているのか伝わらない。孫たちは、お父さんもペットも大好き。学校生活で衣類にしみ込んだ臭いが「いじめ」の原因にならないか心配。娘のパートナーには直接言えない。(埼玉県 女性 60~64歳)

●娘の結婚式の時、娘婿に「本当にあなたで良かった」と言いました。わたしが書いている愛猫のブログを通して、彼のわたしへの信頼度が高まって親しくなれました。(大阪府 女性 60~64歳)


間合いの取り方は大変


●お嫁さんが気を遣わないように、できるだけアバウトな暮らし方をめざしています。つまり、細かなことは気にしない、少々はずれていてもOKということを感じてもらえるような家ということです。でも、洗濯物はいつも持って帰る人なんですよね。アバウト過ぎて、うちの洗濯機は汚いと思われているのかも。(島根県 女性 60~64歳)

●遠くに住む義理の父は「迷惑をかけるから」と、ガンになったことも入院したことも手術をしたことも何も話してくれません。しばらく経って他人から聞くことになったのですが、「それが一番迷惑で困る」ということが分かってもらえません。お義父さんなりに気を遣ってのことだと思いますが、話してくれた方がずっといいです。(群馬県 女性 45~49歳)


我が身を振り返ってみて


●わたくしの亡くなった夫は悪い人ではありませんでしたが、こと自分の身内の話となると全く聞く耳を持ちませんでした。わたくしも悪口というのではなく、遠まわしにこぼす程度に夫に話すのですが、それでも「そんなつもりでしたのではないと思うよ」とか「悪気があって言ったんじゃないだろう」などと、必ず身内をかばい、わたくしの側にはついてくれず、さびしい思いをしていました。
 息子は結婚して4年になろうとしています。彼らが結婚した時にわたくしが心に決めたことがあります。もし息子がお嫁さんの肩を持っても、世間でよく言う「お嫁さんに息子を取られた」というセリフは言うまい、思うまいと。親を捨てた訳では決してないのですから。お嫁さんの心に寄り添ってあげられるよい旦那さんになったのだからと。まあ、幸いにしてよいお嫁さんに恵まれたこともあり、そのような場面はまだ1度も経験しておりません。(神奈川県 女性 75~79歳)

●娘2人のうち1人が結婚しました。女親と娘は結婚しても変わらないと思っていましたが、やはり疎遠になりました。女手一つで私を育ててくれた母も寂しかっただろうと、今になって反省しています。ただ、慣れない家事や仕事のやりくりは大変だと分かるので、便りが無いのは元気な証しと思い、自分の趣味を探すようにしています。(東京都 女性 65~69歳)


つきあいに王道無し


●12歳年上の息子の嫁、しかも連れ婚。周りは誰もが反対したが、「自分の人生、自分が選んだ最愛の人」という息子の気持ちをくみ取り、最終的には父たる私が認めた。これは、一切息子にも嫁にも言っていない。つきあい方の心得はないと思う。要は、心の持ち方。葛藤する自分を支えるのは自分だけ。(埼玉県 男性 60~64歳)

「義理の娘・息子とのつきあい方」に関するアンケートは、5月12日~6月8日にウェブのReライフページで実施しました。自由記述で150人が答えました。回答者の性別は男性70人、女性80人、年代別では49歳以下6.0%、50代26.0%、60代49.3%、70代16.0%、80歳以上2.7%でした。7月16日付朝刊Reライフ面では、さらに記者が深掘り取材し、「【読者会議】心地よい関係 保つコツは」という記事にまとめています。

9月のReライフアンケート実施中

9月のReライフ面では、「あなたの人生を変えた1冊の本」「おすすめの紅葉スポット」「最近、運動をしていますか」の3テーマでアンケートを実施中(2017年8月10日まで)。詳細は「あなたの人生を変えた本を1冊、教えてください 9月のReライフ面アンケート」ページをご確認ください。

関連記事

注目キーワード

PAGE TOP