あなたはどっち? 終活で「断捨離」する派 vs しない派

<Reライフアンケート・みんなの体験談>「終活」をしていますか?

更新日:2017年07月18日

みなさんのお手元には、どれくらいのモノがありますか?人生の最期に向けた「終活」についてのWebアンケートでは、モノを捨てる「断捨離」についての回答が目立ちました。覚悟を決めて着々と処分を進めている方がいる一方で、捨てるに捨てられないという嘆きの声も聞こえてきます。


捨てなければ始まらない


●プレ終活として、断捨離に取り組み始めた。過去の手帳・記録などを整理して、不要だと判断したものは捨てている。食器類なども家族人数+アルファ(お客さん用)のみ保持するようにしていきたい。(群馬県 男性 50~54歳)

●親が亡くなって感じたことは、荷物が多いということ。うちは最後はホームに入っていたので入る前に一度、荷物を整理していたのですが、それでも多くのものが残っていました。処分するのは本当に大変でした。ゆっくり考えていては捨てられないと思ったので、とにかく目をつぶってすべてゴミ袋に入れたような状態でした。簡単に捨てられないものの処分には苦労しました。
 それを思うと自分がいなくなった時、できるだけ子供に負担をかけたくない。なるべく持ち物は増やさず、必要なものだけを持つようにしようと考えています。旅行に行っても残る物はお土産として買わないように心がけています。衣替えの時期、着ていない洋服は処分するようにしています。日ごろの生活で少し終活のことも考えながらやっていけばいいのかな、と思っています。(神奈川県 女性 55~59歳)

●家庭内でリサイクルをしています。具体的には裏紙の利用、息子が着ていた服の再利用、趣味で集めた切手を積極的に使うなどです。整理整頓に心掛けています。これを行うことによって、今まで見えなかったものが見えてくることがあります。先日は古い5千円金貨を発見しリサイクルショップで換金し、妻と2人で外食をしました。また、不燃ゴミの日には瀬戸物や食器類を積極的に捨てるようにしています。無料で処分することができます。(兵庫県 男性 65~69歳)

●私物は毎年100キロほど捨て、(押し入れ上段の)天袋には軽いものを入れ、ぎっしり詰めこまないようにしています。70歳(あと2年ほど)までには、断捨離を終了予定です。体力・気力があるうちに済ませたいと思うからです。(東京都 女性 65~69歳)

●現在は大量の写真を処分しています。必要な写真はスキャンして保存しています。(神奈川県 男性 75~79歳)

●遺品整理を2度経験している。それで、残された人の迷惑にならないよう、また、元気で片づけが出来るうちに、不要なものを人にあげたり古道具屋へ売ったり処分したり、毎日一つでも良いので心がけています。現金、通帳、有価証券以外は全部ごみと割り切らないと絶対に終活は終わらないのです。(東京都 女性 65~69歳)


分かっちゃいるけど捨てられない


●エッセーの講座を受講しています。ほかの方たちの作品を毎月いただきます。その作品を処分しなければ息子たちが困ると思うのですが、いざ取りかかると「宝物」を捨てる気がしてまったくはかどりません。着る物、道具も同様です。私にとって終活は処分と同義語です。(秋田県 女性 70~74歳)

●個人的に捨てられないものがある。日記帳や受け取った手紙、趣味の郵便物……。「死んだら捨てよ」と言ってはいるが……。(茨城県 男性 75~79歳)

●今年3月にA4判530ページになる「自分史青春編」を書き上げ、公共図書館を含め友人・知人60人に配布した。10年ほど前に仕事の記録を主体にした「自分史朱夏編」を処理済み。あと「自分史白秋編」が残っているが、これを契機に、ものの処理を主体にした終活を始めようと思っている。蔵書の寄贈先は話がついているが、最後まで手元に置いておきたい。問題は多くの服や雑貨で、これから3年ほどを目標に進めていきたい。我々戦中派はモノのない時代に育ったので、私の場合はその反動として、特に定年退職後いろんな物を買って身近に置くことが楽しみになっていた。その量は膨大で、簡単には処理できないものと覚悟している。(福岡県 男性 80歳以上)


「終活」アンケートはシリーズでお届けします。次回のテーマは「家族に学ぶ終活」です。「親から子へ、夫から妻へ 終活は家族に学ぶ」ページでご紹介します。

「終活」に関するアンケートは、5月12日~6月8日にウェブのReライフページで実施しました。具体的な内容や、終活についての意見を尋ねました。自由記述で246人(49歳以下12%/50代32%/60代40%/70代12%/80歳以上4%)が答えました。7月9日付朝刊Reライフ面では、さらに記者が深掘り取材し、「【読者会議】人生の整理 身軽に快適に」という記事にまとめています。

9月のReライフアンケート実施中

9月のReライフ面では、「あなたの人生を変えた1冊の本」「おすすめの紅葉スポット」「最近、運動をしていますか」の3テーマでアンケートを実施中(2017年8月10日まで)。詳細は「あなたの人生を変えた本を1冊、教えてください 9月のReライフ面アンケート」ページをご確認ください。

関連記事

リライフ白書(with読者会議)の関連記事

注目キーワード

PAGE TOP