今年の注目色グリーン 同系色を重ねて雰囲気ある大人服に

<連載>50代から輝く 100人のキレイ

更新日:2017年09月15日

 いつまでも美しく、格好良くありたい。誰もが、かくありたいと願う理想かもしれません。年を重ねると、無難な色をつい使ってしまいがちですが、旬の色を取り入れて、大人らしい、計算された着こなしをプロのスタイリスト石田純子さんが伝授しました。

★ きょうのファッションポイントは?
 普段着るものは機能重視。それに、ちょっとだけおしゃれ心を加える感じです。母の介護や孫の世話もあるから、どうしても選ぶのは動きやすい服。ギターを弾く時などは脚を開くから、いつもスカートではなくパンツをはいています。格好いい、おしゃれなおばさんを目指したいです。


おしゃれポイント&石田さんのアドバイス

 グレーと白を合わせ、グラデーションを生かした着こなしが、すっきりまとまっています。アクセサリーも効いていますね。でも、残念なのがベージュの靴。せっかくのグレートーンの組み合わせがぼやけてしまいました。白か黒だとシャープで良かったですね。無難だからと、みなさん、ついベージュ系の色を選びがちです。でも、無難な色って、ちょっとつまらない。ネックレスの色に合わせて、黒い靴を履けば締まったと思います。

 「格好良くなりたい」ということで、カーディガンに同系色のストールを重ねました。色は、今年の注目色の一つであるグリーン。ストールは、白とか反対色を合わせがちですが、あえて同系統の色で重ねると、量感や雰囲気が出ます。計算された、大人ならではの着こなしになったのではないでしょうか。


あなたにとって「おしゃれ」とは?

 年をとって首とかにシワが増えると、普通ならハイネックなどを着て隠しますよね。私、それがイヤなんです。シワなんて見えてもいい。首回りがV字に開いた服などを好んで着ています。加齢でシワが増えるのは仕方がないこと。それでも、それなりに美しく、ありのままにキレイにみせる方法を探したいと思う。選ぶ色も、黄色とか明るいものにしたいです。


鬼熊 悦子さん 65歳 神奈川県
今日撮影した自分の姿に点数をつけるなら、何点ですか? その心は?

白いブラウスに黒のパンツはよく着ますが、グリーンのカーディガンとストールを重ねるというのは新展開でした。でも、このスニーカーは想定外。すてきだけど、自分では選ばないと思う。外反母趾(ぼし)になってから、お医者様に勧められた靴しか履いていなかったのですが、この靴はあまり痛くない。でも、長い時間履いても大丈夫かは、様子を見てみないと・・・。
趣味はありますか? クラシックギターと油絵
人生100年時代、100歳の自分はどうありたい? 不安はありますか?
私は3人姉妹なのですが、姉も妹も既に亡くなっています。それを考えれば、私が元気に活動できるのはあと10年ぐらいかと。ならば、その間にできることは、何でもやっておきたいし、輝いていたい。
お手本にしたい人(ファッション、ライフスタイル)とその理由
ギター教室の仲間。90歳近くにしてギターアンサンブルに参加。いつもキレイでおしゃれな方です。

 「50代から輝く100人のキレイ」は、スタイリストの石田純子さんを講師に招いた大人気イベント「第2回 きょうもキレイ」撮影会の採録です。
 石田さんが店内のアイテムを使って、参加者へファッションコーディネートを提案。一人ひとりに合わせ、5~10分程度の短時間でスタイリングのコツをアドバイスしました。

シリーズ「<連載>50代から輝く100人のキレイ」ページで、シリーズの一覧記事をご確認いただけます。 「50代以上の女性へ発破 「おしゃれ」を楽しんだ頃を思い出して」ではイベントの様子も掲載しています。

関連記事

<連載>50代から輝く100人のキレイの関連記事

注目キーワード

PAGE TOP