フワッとしたトップス+デニムで「大人カワイイ」の出来上がり

<連載>50代から輝く 100人のキレイ

更新日:2017年10月13日

 今回のキーアイテムは厚底スニーカーです。ペッタンコの靴は似合わないと思い込んでいた女性に、スタイリストの石田純子さんがスニーカーに合わせた「大人カワイイ」装いを提案しました。

★ きょうのファッションポイントは?
 ちょっと清楚(せいそ)な感じを狙って、ボルドー色のトップにパールのネックレス、カーキ色のスカートを合わせてきました。私は、こうした正統派スタイルが好きなのですが、ちょっと無難というか、遊び心に欠けていたかもしれません。


おしゃれポイント&石田さんのアドバイス

 狙い通りキチンとした感じが出ています。こういう装いが定番ですし、間違いのないコーディネートだと思います。でも、制服のように見えて、私的にはちょっと個性が見えない感じかな。

 「厚底スニーカー」を試してみたいとのご要望だったので、今年話題の刺繡(ししゅう)をほどこした柄のトップに、デニムを合わせてみました。デニムをはくと、ちょっとおしりのあたりが気になるという人は、このようにフワッとしたもの、前後に差があるものを上に着ると、そのボリューム感でカバーできます。どうです、「大人カワイイ」感じが出ていませんか?


あなたにとって「おしゃれ」とは?

 いつもキレイめを目指して、身なりは気にしている方だと思います。おしゃれすると、テンションが上がってイキイキできる。おしゃれには、その人の生き方が表れると思います。

 今回合わせていただいた服は、自分がお店で見たとしたら、選ばない感じかなと。でも、みなさんの評価はとても高かった。そのギャップが新鮮で、面白いと思いました。自分が好きで選んだからといっても、必ずしも似合っているとは限らないということかもしれませんね。私は背が低いから、スニーカーとかペッタンコのクツは無しだと思い込んでいたのですが、石田先生は「そんなことない」とおっしゃった。厚底スニーカーは、ぜひ取り入れてみたいなと思いました。


三野輪 由紀美さん 59歳 神奈川県
今日撮影した自分の姿に点数をつけるなら、何点ですか? その心は?

みなさん「かわいい」って言ってくださって、評判は良かった。でも、これまで選んだことがないような柄だったので、本当に似合っているのかなって、自分の中ではちょっと半信半疑なところがあって、その分を減点しました。デザインは良くて着やすいし、刺繡がトレンドだということは分かるのですけれど。長く付き合ってみれば、その良さが分かるのかもしれませんね。
趣味はありますか?
英会話。ヨガ
人生100年時代、100歳の自分はどうありたい? 不安はありますか?
100歳まで生きられるか分かりませんが、いつまでもおしゃれに、イキイキと暮らせれば幸せだと思います。
お手本にしたい人(ファッション、ライフスタイル)とその理由
栗原はるみさん。努力家で、いつも明るく清潔感があるから。

 「<連載>50代から輝く100人のキレイ」は、スタイリストの石田純子さんを講師に招いた大人気イベント「第2回 きょうもキレイ」撮影会の採録です。
 石田さんが店内のアイテムを使って、参加者へファッションコーディネートを提案。一人ひとりに合わせ、5~10分程度の短時間でスタイリングのコツをアドバイスしました。

シリーズ「<連載>50代から輝く100人のキレイ」ページで、シリーズの一覧記事をご確認いただけます。 「50代以上の女性へ発破 「おしゃれ」を楽しんだ頃を思い出して」ではイベントの様子も掲載しています。

関連記事

<連載>50代から輝く100人のキレイの関連記事

注目キーワード

PAGE TOP