ReライフTOP読者会議最近の活動リポート

体のラインがこんなに変わる! 下着の選び方セミナー開催 

読者会議の女性メンバーにプロが解説、読者モデルも登場

更新日:2018年02月28日

  Reライフプロジェクトは2月、体形を美しくキープする「下着の選び方セミナー」を朝日新聞東京本社で開催しました。講師は、朝刊Reライフ面で「きょうもキレイ 下着で若々しく」を昨秋連載した、インナーウェアコンサルタントのおぬまともこさん。参加した読者会議の女性メンバー約30人に、自分にぴったりの下着の見つけ方や正しい着用法などをアドバイスしました。

 この日とり上げたのは、ブラジャーとガードル、ショーツ。おぬまさんは下着メーカーのワコール、トリンプ、グンゼの商品を用いて、素材や機能を説明しました。

 ブラジャーについては、20代向けと大人用のブラジャーをトルソー(上半身の模型)に重ねて、カップやアンダーベルトなどの違いを解説しました。また、メンバー2人が「モデル」として登壇。2人は事前におぬまさんと買い物に行き、自身のニーズに合った新しいブラジャーを購入。会場では、元々持っていた下着から購入した下着に着替え、おぬまさんが体のラインの変化をチェック。会場からは「全然違う!」との声があがりました。

 ガードルについては、おぬまさんが新素材の商品を示し、「ヒップをつぶさず、アップするものを選ぶこと」「TPOで使い分けて」などと選び方をアドバイス。参加者からは「ナイトブラのバストアップ効果は?」「ガードルをはいて歩くだけでダイエットできるというのは本当?」などと質問が相次ぎました。


 参加した藤重加世子さんは「実際の商品を具体的に教えてもらえたので、買い物をするときの参考になります」。福井裕子さんは「30年前に買ったガードルは、きついものというイメージ。柔らかい素材の商品も出ていると知り、はいてみようと思いました」と話していました。


関連記事

最近の活動リポートの関連記事

PAGE TOP