ReライフTOPアンケート・プレゼント

【リポート】「週2日以上、運動する」が6割弱

アクティブ世代の健康意識を調査、936人が回答

更新日:2017年04月07日

 朝日新聞「Reライフプロジェクト」は、健康に関する50代以上のアクティブ世代の意識や行動を探るアンケートを朝日新聞デジタル上で実施した。運動の頻度について尋ねたところ、「毎日」「週2,3日」など頻繁に体を動かす習慣のある人が、6割弱いた。また体の症状で気になることを尋ねたところ、「目の疲れ」「老眼」が目立った。

 このアンケートは、2016年10月31日~12月20日に実施、936人(男性463人、女性470人、不明3人)から回答を得た。年代別にみると、50代が最も多く289人、次いで60代274人、40代184人などと続き、40~60代が8割近くを占めた。


Q1 健康には自信がありますか
(ひとつ選択)

 「健康に自信がありますか」との質問には、「自信がある」が9%、「やや自信がある」48%、合わせて57%だった。一方で「あまり自信がない」「自信がない」で43%。「健康に自信がある」がやや上回ったが、「自信がない」人も一定数いることがわかった。


Q2 あなたは最近、以下のようなことを感じますか
(複数回答)

 最近感じる体の症状について尋ねたところ、「目の疲れ」(57%)が最も多く、「老眼」(42%)が続いた。ほかには「体が疲れやすい」(39%)、「腰の痛み」(39%)、「歯・歯周病・歯槽のうろう」(34%)といった回答が目立った。


Q3 健康のためにどんなことに気をつけていますか
(複数回答)

 「健康のためにどんなことに気をつけているか」には、「適度な運動」(59%)、「食事の質」(51%)、「睡眠を十分取る」という方法が上位を占めた。ほかには、「サプリメントを飲む」(20%)、「頭を使う」(17%)などの回答があった。


Q4 食事面ではどのようなことに気をつけていますか
(複数回答)

 「食事面でどのようなことに気をつけていますか」では、「栄養バランス」(66%)と回答した人が群を抜いて高かった。「食べる量やカロリー」(51%)、「規則正しい食事」(50%)、「塩分を控える・減らす」(44%)などが続いた。「栄養価の高いスーパーフードを取る」(9%)という回答もあった。


Q5 サプリメントや健康食品を摂取しますか
(ひとつ選択)

 「サプリメントや健康食品を摂取しますか」との質問には、43%が「摂取する」と回答した。頻度は、「ほぼ毎日」(30%)、「週に2、3日」(5%)、「週に4、5日」(5%)、「週に1日」(3%)となった。


Q6 Q5で「ほぼ毎日」「週に4、5日」「週に2、3日」「週に1日」を選んだ方にお聞きします。あなたがサプリメントや健康食品をとるのはどうしてですか

 「サプリメントや健康食品をとるのはなぜか」と尋ねたところ、「効果を期待するから」という意見が多く、疲労回復、目に関するサプリメントや健康食品についての回答が目立った。次いで「食事の不足分を補う」「予防のため」と答えた人が多かった。健康維持のために始めたが「なんとなく習慣で続けている」「とにかく気休め」といった声もあった。


Q7 運動はどれくらいやっていますか?
(ひとつ選択)

 運動の頻度を尋ねたところ、「毎日」が24%、「週2、3日」が33%で、6割近くが頻繁に体を動かすと回答した。「月に数回程度」は17%だった。一方、26%は「運動はしていない」と答えた。


Q8 Q7で「毎日」「週2、3日」「月に数回程度」を選んだ方にお聞きします。どのような運動をしていますか
(複数回答)

 運動の中身については、手軽にできる「ウォーキング」(44%)が最も多かった。「体操・ストレッチ」(22%)、「スポーツクラブに行く」(16%)、「ジョギング・マラソン」(8%)などと続いた。


Q9 健康の秘訣やストレス解消法があれば教えてください

 健康の秘訣やストレス解消法については、「運動」と「睡眠」が10%超で最も多かった。「カラオケで思い切り歌う」「旅行に行く」などの趣味、気心しれた家族や友人との「おしゃべり」も目立った。このほか、「くよくよしない」「嫌なことをひきずらない」といった気持ちのコントロールでストレスをためない、という答えも複数あった。


Q10 健康に関する情報は主に何から得ますか

 健康に関する情報をどこから得るか聞いたところ、「テレビ」(59%)、「新聞」(53%)が多かった。アクティブ世代だが、38%の人が「インターネット」から健康情報を得ていた。


Q11 みなさんが健康について知りたいことがあれば教えてください

 健康について知りたいことでは、「健康年齢」や「自分にあった運動法」といったパーソナルデータを挙げた人が複数いた。「人間ドックの基礎知識」「健康情報の信憑性」など、健康に関する様々なサービスや情報を取捨選択する判断材料を求める意見もあった。

  • (回答例)
  •  ・健康年齢
  •  ・認知症予防
  •  ・同世代の健康法
  •  ・質の高い睡眠法
  •  ・人間ドックの基礎知識
  •  ・世にあふれている情報の信憑性
  •  ・サプリメントの効果、使い方
  •  ・自分にあった適度な運動法

Q12 健康のためにチャレンジしてみたいことがあれば教えてください

 「健康のためにチャレンジしたいこと」を自由回答で尋ねたところ、ウォーキングやマラソン・ジョギング・ランニングといった「歩く・走る」を挙げた人が11%で、回答者の9人に1人にのぼった。「山登り」「水泳」と答えた人も複数いた。このほか、「ファスティング(断食)」「吹き矢」との回答もあった。

注目キーワード

アンケート・プレゼント最新記事

PAGE TOP