ReライフTOPイベント・講座情報アクティブ世代のための大人の文化祭ReライフフェスティバルReライフフェスティバル

加藤登紀子さん「Begin Again」軽妙トークと歌

トーク&ライブ Reライフフェスティバル2017

更新日:2017年03月13日

本紙Reライフ面で「ひらり一言」を連載中の歌手加藤登紀子さんは、軽妙なトークと歌で会場を沸かせた。

連載でこれまで取り上げた言葉のなかで、印象に残っている言葉を三つ紹介。そのうちの一つ、「好きなことを、好きな人と、好きなように」は50歳のときに心に決めた、大好きな言葉だという。

 「50歳を超えて頑張っている自分が想像できなくて、これからは好きなことしかしないって決心したんです。好きなことを好きにやろうと思ったら、すごく頑張れるね」と、言葉が生まれた背景を語った。

トークのあとは代表曲「百万本のバラ」と「ひとり寝の子守唄」をギターの弾き語りでしっとりと歌いあげたほか、名曲「愛の讃歌」も披露。アンコールの「Begin Again」では観客が手拍子を送った。

Reライフフェスティバル2017 プログラム一覧ページへ戻る

関連記事

注目キーワード

PAGE TOP