ReライフTOPイベント・講座情報アクティブ世代のための大人の文化祭Reライフフェスティバル , Reライフフェスティバル

人気!体験型の展示ブース Reライフフェスティバル2017

来場者の声を集めました

更新日:2017年03月13日

一度、試してみたかった! レディースアートネイチャー

 友人と来場していた千葉県柏市の60代女性は「レディースアートネイチャー」のブースでウィッグを試着。以前から関心はあったもののデパートなどの店頭では勇気が出ず、つけてみたのは今回が初めてだそう。「見た目の違和感もないし、よくできていますね。こういうものは実際につけてみないとわからないから試せてよかったです。やっぱり若く見えるわね」と感想を語った。

 「いつも主人につむじのところ、どうにかならないのかと言われていたんです」70代の女性は髪のボリュームがお悩み。ウィッグを試したら、色や質も私の髪にぴったりのがありました、と喜んでいた。

 親子で来場していた母娘もそれぞれウィッグを試着した。「ボリュームがなくなり、いつも美容院で相談していたんです。今日はいいウィッグが見つかりました。思ったより軽くて、これから出かける時に使っていきたいです」と母。50代の娘は「ウィッグでヘアスタイルに変化をつけてみたい」と、おしゃれアイテムとして興味津々だった。

健康チェックに300人超 TANITA

 プロ仕様の体組成計が用意されたTANITAのブースでは健康チェックを実施。1分ほどで体重や体脂肪率、骨量、体水分量、体の部位ごとの筋肉量などが測定でき、結果についてスタッフが説明とアドバイスを行った。

週2回のランニングを習慣にしているという東京都府中市の会社員、梅谷成三さん(68)の測定結果はほぼ標準の数値。「でも内臓脂肪がちょっと多めでした。冬場で少し運動量が減っていたので、これから気合を入れて頑張ります。体の状態が詳しく分かり、役に立ちました」

初めてでもできた!絵手紙体験 NHK学園

 NHK学園の「絵手紙体験教室」のブースには、順番待ちをするほど多くの人が。用意されたモチーフから好きなものを選び、講師の指導で絵手紙に挑戦した。

 埼玉県蓮田市から夫と来場していた榎本豊子さん(58)が描いたのは、福々しいおかめの顔に、「春よこい」という言葉を添えた1枚。「絵手紙は少し描いたことがある程度。筆の軸の上の方を持ってゆっくり描くやり方は初めてでしたが、うまくできて楽しかったです。一人暮らしをしている86歳の母に送ろうと思います」

Reライフフェスティバル2017 プログラム一覧ページへ戻る

関連記事

Reライフフェスティバルの関連記事

注目キーワード

PAGE TOP