ReライフTOP><連載>50代から輝く100人のキレイ

<連載>50代から輝く100人のキレイ

  • 「遊び」を採り入れ、ふんわり優しい雰囲気に

    連載「50代から輝く 100人のキレイ」第15回では「いつも同じような格好になってしまうのが悩み」という女性が登場。スタイリストの石田純子さんからのアドバイスで劇的に変身しました。スカートに柄模...

  • 甘い袖で今年っぽく 足元までバランスよく

    ポイントは甘さのある袖。スタイリストの石田純子さんが選んだブラウスは、たっぷりフリルをあしらった袖が特徴的な今年らしいデザイン。連載「50代から輝く 100人のキレイ」第14回では今年らしいファ...

  • シャキッと生きたい、「でも花柄もいいのかな」

    「個性あるものを身につけて」とスタイリストの石田純子さんからのアドバイス。連載「50代から輝く 100人のキレイ」第13回ではおしゃれにみせるアクセサリー選びのコツを紹介します。無難なデザイン・...

  • 「今までの自分、脱ぎ捨てに来ました!」宣言

    連載「50代から輝く 100人のキレイ」第12回。「若々しい今の感覚」をアクティブ世代の着こなしに生かす極意をスタイリスト石田純子さんが語ります。「今」の着こなしに挑戦し、これまでのファッション...

  • 華やかさを加えて「ハンサム」に

    連載から第11回になる「50代から輝く 100人のキレイ」では、スタイリストの石田純子さんが、アクティブ世代が陥りやすいコーディネートの落とし穴についてアドバイス。無難な色使いは「地味」に見える...

  • 新卒で歩いた華やかな銀座、挑戦する心は今も

    連載「50代から輝く 100人のキレイ」第10回はスタイリストの石田純子さんのカラーコーディネート術をお伝えします。色づかいのポイントをつかめば、おしゃれの幅が広がります。アクセサリーやボトムを...

  • おしゃれは、生き方に必要な「相棒」

    連載「50代から輝く 100人のキレイ」では、アクティブ世代の着こなし講座が人気のスタイリスト石田純子さんのアドバイスで、輝きを増す女性たちを紹介しています。第9回は、色の重ね方で品よくみせるテ...

  • 個性を加えて気分をあげて 装いも心もハッピーに

    連載「50代から輝く 100人のキレイ」第8回では着る人の個性をひきたたせる装いテクニックをご紹介します。スタイリストの石田純子さんは、普段、自分では選ばないようなファッションアイテムも、コツを...

  • 玄関で必ず鏡で確認してから外出するのが習慣

    連載「50代から輝く 100人のキレイ」第7回はスタイリストの石田純子さんの大先輩ともいえる女性。オシャレだけでなく、健康にも気を配るステキな生活についてもお話しいただきました。自分らしいファッ...

  • 黄色が似合うと言われて驚き おしゃれできる幸せを実感

    連載「50代から輝く 100人のキレイ」第6回は、健康でおしゃれができることに幸せを実感するという女性を紹介。人気のスタイリスト石田純子さんのアドバイスで、さらにおしゃれへの意欲が高まりました。...

  • 「どうせ着られない」を脱出、上手に”隠す”

    いくつになってもキレイでありたい。おしゃれの神髄は、誰かにみてもらいたいと思う気持ちです。連載「50代から輝く 100人のキレイ」第5回は、身近な存在である家族の後押しもあって、再びおしゃれが気...

  • 「王道」着崩して生まれるゆとりと豊かさ

    連載「50代から輝く 100人のキレイ」の第4回は、ゆとりや豊かさを着こなしのなかで表現するノウハウをスタイリスト石田純子さんがアドバイス。アクティブ世代の方へ小物使いのテクニックを伝授します。...

  • ソックスをはくだけで若さプラス 私が着ても良いんだと思えた

    連載「50代から輝く 100人のキレイ」第3回は、頑張り過ぎないで雰囲気が変わるファッションをコーディネート。アクティブ世代のおしゃれスタイルを提案するスタイリストの石田純子さんならではのアドバ...

  • 人生で初めての帽子 自分でいろんな機会を見つけていきたい

    連載「50代から輝く 100人のキレイ」の第2回。アクティブ世代の着こなし講座に定評がある、スタイリスト石田純子さんからのアドバイスで、流行のスタイルを取り入れた新しいファッションに挑戦する女性...

  • 年をとるのも悪くないと若い人に思ってもらいたい

    いくつになってもキレイでありたい。子育てに、仕事に、がんばってきた女性たちが、 年を重ねたからこそたどりつくことができる「キレイ」スタイルがあります。「年だから」を卒業し、「年を重ねてこそ」へ。...

PAGE TOP