Reライフサポート「くらし安心コース」利用規約

ジャパンベストレスキューシステム株式会社


第1章 総則

第1条(会員規約)
  1. この規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社朝日新聞社(以下「朝日新聞」といいます)が提供するサービス『Re ライフサポート』の契約者に対して提供する、ジャパンベストレスキューシステム株式会社(以下「当社」といいます)の緊急駆けつけサポートサービス、自転車サポートサービス及び生活支援サービス並びに困り事の電話相談サービス(あわせて「くらし安心コース」と総称し、以下「本サービス」といいます)を、会員(第2条第1項に定義される意味を有します。)が利用するにあたって適用されます。
  2. 当社は、ウェブサイト又は書面その他所定の方法により、変更内容を通知又は公表する措置を講じ、当該措置より合理的期間が経過した後に、本契約の内容を変更することができます。ただし、会員の利益を著しく害すると判断される場合にはこの限りではありません。

第2条(会員)
  1. この規約において、「会員」とは、朝日新聞が提供するサービス『Re ライフサポート』の入会申込手続を完了した契約者かつ本規約にご同意いただいた者をいいます。なお、本サービスの対象となる物件の所有者、賃借人以外の方であって、対象となる物件に居住される方(以下「居住者」といいます。)は、対象となる物件の所有者、賃借人の承諾が必要となります。
  2. 本サービスは、会員とその二親等以内の同居家族(以下「利用者」といい、会員とあわせて「利用者等」といいます。)のみが利用することができます。ただし、本サービスのうち在宅確認サポートのサービスについては、会員本人(法人が会員の場合においては申込書にて届出をいただいた方1 名)のみ利用することができます。

第3条(譲渡禁止等)

会員は、本サービスに関する権利の全部又は一部について、第三者に対する譲渡、売買、担保設定その他の処分に供する行為はできないものとします。


第4条(会員証)

利用者等が本サービスを利用する場合には、朝日新聞が発行する会員証の提示及び運転免許証等の公的機関が発行した身分証明書の提示が必要となります。


第5条(本サービスの提供の停止)

当社は、以下に掲げる事由その他やむを得ない事由により本サービスの提供をお断りする場合があります。

    1. 利用者等に、不正な行為があった場合又は不正な行為を行うおそれがある場合
    2. 利用者等が、本サービスを、営利目的その他のこの規約外の目的で利用しようとした場合
    3. 本サービス利用時において、当社又は業務提携先に対して、電話を長時間掛け続ける、必要以上に頻繁に掛ける等の行為を行い、当社及び業務提携先の業務を妨害し、又は業務に支障を与えた場合
    4. 利用者等の対応、態度、行動等から判断し、当社が適切に本サービスを提供することが困難であると判断した場合
    5. 本サービスを行う際に、当社又は業務提携先の社員及び第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を侵害するおそれがあると判断した場合
    6. 利用者等に暴言・暴力やセクシャルハラスメントなど、サービススタッフの人格などを傷つける行為や言動があったとき、又は、あったと当社が認めた場合
    7. 利用者等が本規約に違反した場合
    8. 天災地変等の災害により対象物件への到着が困難であると判断した場合、又は当社のコールセンターにおいて利用者等からの受電が困難な場合
    9. 会員の住所が離島・島嶼・山間部その他当社のサービス提供が困難な地域に変更された場合
    10. 震災・火災・洪水・津波・戦争・騒乱が生じている場合
    11. システム障害・停電
    12. 本サービスに関わるシステムの定期的又は緊急に行う保守若しくは点検作業

第6条(反社会的勢力の排除)
    1. 会員は、第1号に該当する事由がなく、また第2号に該当する行為を行わないことを表明し、また将来にわたっても該当せず、また行わないことを確約するものとします。
      1. 会員が、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5 年を経過しない者、暴力団準構成員、総会屋等、社会運動標榜ゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下「暴力団員等」といいます)であること、又は次のいずれかに該当すること
      2. ①暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること

        ②暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること

        ③自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること

        ④暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること

        ⑤役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること

      1. 会員が、自ら又は第三者を利用して行う次のいずれかに該当する行為
      2. ①暴力的な要求行為

        ②法的な責任を超えた要求行為

        ③本サービスに関し、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為

        ④風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて当社の信用を毀損し、又は当社の業務を妨害する行為

        ⑤その他前各号に準ずる行為

    1. 当社は会員が前項の規定に違反している疑いがあると認めた場合には、会員規約に基づく本サービスの利用を停止することができるものとします。その場合に当社に生じた損害は会員がすべて賠償するものとし、会員に生じた損害は、当社は一切その責任を負いません。

    第7条(個人情報の保護)
    1. 当社は本サービスの運営において知り得た利用者等の個人情報について、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます。)その他の諸法令を遵守し、かつ善良な管理者の注意義務をもって管理するものとします。なお、取得した個人情報は、以下の利用目的に使用します。
      1. 利用者等より依頼を受けた各種サービスを提供するため
      2. 利用者等に対して、当社及び当社の業務提携先の各種営業情報及び販促品等を提供するため
      3. (1)における各種サービスの提供後に、メンテナンス、アンケート、その他の事由により改めて利用者等と接触する必要が生じた場合
      4. 利用者等からいただいたご意見、ご要望にお応えするため
    2. 次に掲げる場合、前項の目的の範囲外であっても利用者等の個人情報を利用し、又は第三者に提供する場合があります。
      1. 利用者等が同意している場合
      2. 個人情報保護法及びその他法令などにより必要と判断された場合
    3. 当社は、第1 項の目的のため、利用者等の個人情報を業務提携先等と共同で利用する場合があります。
    4. 当社は、会員又はその代理人から、会員の個人情報の開示若しくは利用の停止、消去、第三者への提供の停止を求められた場合は、当社所定の手続きに従ってこれに応じることとします。なお、当社の会員の個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシー(http://www.jbr.co.jp/privacy/)をご確認ください。

    第8条(免責)

    当社は本サービスの利用により発生した利用者等又は第三者に生じた損害(他者との間で生じたトラブルに起因する損害を含みます。)及び本サービスを利用できなかったことにより利用者等若しくは第三者に生じた損害について、故意又は重大な過失がない限り、損害賠償等いかなる責任も負わないものとします。


    第2章 緊急駆けつけサポートサービス

    第9条(緊急駆けつけサポートの内容)
    1. 当社は、次の各号のトラブルが生じたときに利用者等に対してトラブル解決のための駆けつけサービス及び在宅確認サポート(以下「緊急駆けつけサポート」といいます。)を提供いたします。
      1. カギのトラブル
      2. 水まわりのトラブル
      3. ガラスのトラブル
    2. 緊急駆けつけサポートの定義は、以下の通りとします。
      1. 初期の駆けつけサービス対応を「一次対応業務」といい、60分以内の部品代を除く無料のサービスをいいます。
      2. 部品交換や特殊作業、特殊な構造・部品を使用する場合の作業、60分を超える作業、再度訪問を要するような作業等の駆けつけサービス対応を「二次対応業務」といい、有料のサービスをいいます。

    第10条(免責)

    緊急駆けつけサポートに関して、第9条各号に掲げる事由のいずれかが生じている場合、以下の事項に該当する場合又はその他やむを得ない事由若しくは現場の状況によっては、本サービスの提供をお断りする場合があります。

      1. 会員本人以外の依頼
      2. 災害・天災・暴動等に起因する依頼
      3. 建物退去にあたっての原状回復を目的とした依頼
      4. 入居当初からの故障・破損トラブル
      5. 二次対応業務
      6. 在宅確認サポートに関して、玄関の開錠を希望する場合
      7. 在宅確認サポートに関して、玄関前の対応以外の対応を希望する場合
      8. 在宅確認サポート本来の目的から逸脱した利用方法や、定期的又は定常的な在宅確認を希望されるなど、利用頻度が著しく多いと当社が判断した場合
      9. 緊急駆けつけサポートとは異なるサポート依頼
      10. 対象となる物件が賃貸物件である場合に、賃貸部分以外(建物共用部分等)に関する本サービスの依頼
      11. 入居時からの設備不良(会員の責めに帰すべき事由がある場合を除く。)を対象とした依頼

    第11条(カギのトラブルサポートにおける免責事項)
    1. カギのトラブルサポートに関して、前条に定めるほか以下の事項に該当する場合、サービスの提供をお断りする場合があります。
      1. 車等の開錠作業を行う場合に、車検証の提示がない場合
      2. 賃貸物件、分譲物件において、家主、管理会社などに確認が取れない場合
      3. 集合住宅のエントランスなど共有部分の作業
      4. 特殊なカギの形状の場合(外国産ウエーブキー等も含む)
      5. 対象となる物件の敷地外に駐車している車やバイク等の開錠
      6. 合鍵の作成
      7. 業務用金庫の開錠作業
      8. 電気錠取付工事等
    2. カギのトラブルサポートに関して、当社が利用者等の運転免許証等の公的機関が発行した身分証明書を確認し、利用者等の名義と一致することを確認した上で開錠作業を行った場合、開錠作業をしたことで発生した利用者等、居住者又は第三者との間で生じたトラブルについては、すべて利用者等で解決するものとします。

    第12条(ガラスのトラブルサポートにおける免責事項)

    ガラスのトラブルサポートに関して、第10条に定めるほか以下の事項に該当する場合、サービスの提供をお断りする場合があります。

      1. ガラスを外すことが出来ない箇所や商品
      2. ガラス撤去のみの作業
      3. お手持ちのガラス加工や移設

    第13条(水まわりのトラブルサポートサービスにおける免責事項)

    水まわりのトラブルサポートに関して、第10条に定めるほか以下の事項に該当する場合、サービスの提供をお断りする場合があります。

      1. 高圧洗浄などの特殊作業が必要な配管詰まり
      2. 貯水槽等、集合住宅の共有部にあたる箇所のトラブル
      3. ガス給湯器のガス部分、シャワートイレの電気系統等の対応不能部分

    第14条(緊急駆けつけサポートの利用料金)

    緊急駆けつけサポートの利用料金は、下表のとおりとします。       (税別)

    時間帯 区分 一般 会員
    (一次対応業務)





    8:00~20:00 カギ・水まわり ¥8,000~ 無料
    ガラス ¥6,000~ 無料
    在宅確認 ¥8,000~ 無料
    上記以外 カギ・水まわり ¥11,000~ 無料
    ガラス ¥12,000~ 無料
    在宅確認 ¥11,000~ 無料
    特別休日料金(正月・お盆)
    *上記基本出張料金に加算されます
    *期間は当社指定によります
    ガラス ¥6,000~ 無料
    作業料金(60分以内) 実費 無料
    作業料金(60分超) 実費 実費
    特殊作業料金 実費 実費
    部品代金 実費 実費

    (注)作業料金に関し、作業時間が60分を超える場合には二次対応業務として扱い、60分を超えてから10分ごとに1,000円(税別)の費用が発生します。


    第3章 自転車サポートサービス

    第15条(自転車サポートサービスの内容)

    当社は、会員に対して、以下の場合に、自転車サポートサービスを行います。

      1. 自転車のパンク
      2. 自転車のチェーンはずれ
      3. 自転車のカギの紛失・カギ故障

    第16条(自転車サポートサービスにおける免責事項)

    自転車サポートサービスに関して、第10条に定めるほか以下の事項に該当する場合、サービスの提供をお断りする場合があります。

      1. 自転車の所有者が会員本人以外の場合
      2. 防犯登録のない自転車の場合
      3. 特殊な構造・部品を使用する場合
      4. 長期間保管・放置での回収依頼
      5. 大事故、転落等保有する装備で作業が不可能な場合
      6. 通行禁止道路、季節的閉鎖道路、工事用道路等一般車両が通行できない道路、凍結道路、未除雪道路、未整地地域、海浜、河川敷等出動車両の通行が極めて困難な地域及び自然保護、環境保全等の見地から主管大臣等が通行禁止を指定した地域

    第17条(自転車サポートサービス利用の料金)

    自転車サポートサービスの利用は、1作業あたり1,000円となります。パンク、チェーン、カギの修理に関する部品代はお客様のご負担となります。


    第4章 生活支援サービス

    第18条(生活支援サービスの内容)

    当社は、会員に対して、業務提携先を通じて、パソコンのトラブル対応、建具、屋根の修理、電気のトラブル対応、ハウスクリーニングサービス、エアコンクリーニングサービス、家事代行サービス、庭のお手入れ、宅配クリーニング、障子・畳の新調、害虫駆除、給湯器の修理等の優待(以下、総称して「生活支援サービス」といいます。)をご提供いたします。なお、各サービスの詳細につきましてはホームページに掲げるほか、原則として、業務提携先の規約が適用されます。


    第19条(生活支援サービス利用の料金)

    生活支援サービスのご利用にあたり以下の料金にてご利用いただけます。
    パソコンのトラブル対応、建具、屋根の修理、電気のトラブル対応、ハウスクリーニングサース、エアコンクリーニングサービス、家事代行サービス、庭のお手入れ、宅配クリーニング、障子・畳の新調、害虫駆除、給湯器の初期診断、交換等優待サービス利用にあたり、一般価格から30%割引でご利用いただけます。なお、庭のお手入れ、屋根の修理、網戸の張り替え、障子・畳の新調、害虫駆除など特殊作業につきましては、お申込みから7日から10日ほどお見積りにはお時間がかかり、上限金額20万円まで優待割引となります。


    第5章 困り事の電話相談サービス

    第20条 困り事の電話相談サービスの内容

    当社は、会員の健康・医療相談、パソコンのトラブル相談サービス(以下、総称して「困り事の電話相談サービス」といいます。)に関して、必要な手続きの案内や専門家、行政機関、消費者保護団体等の紹介など、会員の求めに応じ、当社が会員に対して情報の提供を行うことで、トラブル解決のサポートを行います。


    第21条(困り事の電話相談サービスサービスの免責事項)
    1. 困り事の電話相談サービスにおいて、当社が会員へ提供した情報は、会員がトラブルを解決するための一手段のご提案であり、会員に強制するものではなく、情報の利用についての責任の一切は、会員の自己責任のもと会員に帰属するものとします。
    2. 当社は、困り事の電話相談サービスからの情報に基づき会員又は第三者に発生した損害(他社との間で生じたトラブルに起因する損害を含みます。)及び困り事の電話相談サービスを利用できなかったことにより会員又は第三者に発生した損害について、故意又は重大な過失がない限り、損害賠償等、いかなる責任も負わないものとします。

    以上

    PAGE TOP