現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. サイエンス
  4. 記事
2012年4月25日10時19分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

〈海洋生物・ながぐつ日誌〉足糸・タイラギ編

写真:タイラギの貝殻と足糸(手前)。タイラガイ、タチガイという通称もあるイガイ目・ハボウキガイ科に属する二枚貝。殻は飴細工のように薄く割れやすい拡大タイラギの貝殻と足糸(手前)。タイラガイ、タチガイという通称もあるイガイ目・ハボウキガイ科に属する二枚貝。殻は飴細工のように薄く割れやすい

■倉谷うらら(海洋生物研究家)

「足糸」(タイラギ編)

■鞄から貝の糸

 「ねぇ、コレ、なんともきれいな色でしょう?」

 私は一時期、タイラギという貝の「足糸(そくし)」(貝が出す糸状のもの)の束をいつも鞄(かばん)にしのばせ、人に会うたび取り出しては見せていた。

 それはかれこれ10年ほど前、ふと通りがかった魚屋に、タイラギが並んでいた。長辺は約30センチ。深い緑色をした三角定規のような形の二枚貝だ。魚屋店主が教えてくれた。

 「貝柱はそのままスライスして刺し身がいいよ。フライも絶品だナ。ヒモは短く切ってバター焼きにすると美味(おい)しいね」

 貝のカラを蒐集(しゅうしゅう)している者としては、食材として美味しく、かつ、同時に貝殻も手に入るとなると、魅力はたちまち2倍になる。

 タイラギの調理中、「忘れられない瞬間」が訪れた。キッチンの照明に照らされキラリと輝くものが!……「足糸」だった。先端に小さな砂粒や小石、貝殻のカケラなどがついていて、一見すると茶色い糸くずのよう。よく洗って、見てみると、一本一本の糸は緑がかった茶色を基調に、金色の輝きを放っている。決してギラギラとした輝きではなく、気品あふれる艶(つや)なのだ。イガイのゴワゴワ足糸は見慣れていたが、こんなに美しい足糸を目にするのは初めてのことであった。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、購読手続きが必要です。

今なら最大2カ月無料!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

アンケート・特典情報

朝日新聞社会部 公式ツイッター