ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  サイエンス > ニュース記事

新種サルは新属か?現存霊長類で83年ぶり タンザニア

2006年05月12日

 アフリカ・タンザニアで発見され、昨年マンガベイ類の新種に分類されたサルは、DNA分析の結果、種の上の属レベルで、新属に分類し直す必要があると、同国の野生生物保護協会などの研究チームが12日、米科学誌サイエンスの電子版に発表した。マンガベイ類よりヒヒ類に近いが、どちらにも分類できないためで、現存する霊長類では、新属が認められれば83年ぶりという。(時事)



この記事の関連情報

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.