ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  サイエンス > ニュース記事

日本など捕鯨支持国提案の正常化宣言、IWCで採択

2006年06月19日

 セントクリストファー・ネビスのフリゲートベイで開催中の国際捕鯨委員会(IWC)総会は18日、日本など捕鯨支持国が提案したIWCの正常化を求める宣言を賛成33、反対32(棄権1)で採択した。捕鯨支持国が重要な決議案などの採決で過半数を制したのは、商業捕鯨の一時停止が決まった1982年以来、初めて。ただ、反捕鯨国から宣言の受け入れを事実上拒否する方針が示されるなど、双方の溝の深さも浮き彫りとなった。(時事)



この記事の関連情報

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.