2005年03月17日21時23分のアサヒ・コム

»恐竜博2005:3月19日から7月3日 東京・国立科学博物館で開催

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

野口さん抱負「興奮と冷静さ同居」 打ち上げまで2カ月

2005年03月17日

 スペースシャトルの飛行再開1号機ディスカバリーに乗る野口聡一飛行士が16日、朝日新聞など日米メディアの個別インタビューに応じた。「準備は8合目。興奮と冷静さが同居した心境だ」と笑顔で語った。

 野口さんは5月15日の打ち上げ目標に向け、米航空宇宙局(NASA)のジョンソン宇宙センター(テキサス州ヒューストン)で最後の調整中。センターと日米各地を衛星テレビと電話で結び、質問に答えた。

 訓練の仕上がり具合について、乗組員7人のチームワークも、各人が身につけた技術も万全と述べる一方、「直前に手順が変わることもある。最後の2カ月が大変」と気を引き締めた。

 コロンビア事故以来、初の飛行。「不安や恐怖はない。危険はゼロではないが、それを上回る意欲や意義がある」。シャトルの安全対策やNASAの意識改革が進んだことを説明した。

 ブッシュ大統領が提唱した月や火星の有人探査構想にも触れ、「再開飛行の成功を次の舞台への道にしたい。子供たちに宇宙への興味をもってもらえたら」と語った。

 カレーライスや和菓子など日本の味を宇宙に持って行くほか、こまや折り紙で日本の文化を世界に紹介する予定だ。



ここから広告です 広告終わり

関連情報

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.