2005年03月19日15時43分のアサヒ・コム

»恐竜博2005:3月19日から7月3日 東京・国立科学博物館で開催

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

有害化学物質、前年比1千トン増 大気・河川に

2005年03月19日

 環境、経済産業両省は、03年度に全国約4万1000事業所から、02年度より1000トン多い29万1000トンの有害化学物質が、大気中や河川に排出されたと発表した。「特定化学物質の把握、管理・促進法(PRTR法)」に基づく調査で、トルエン、キシレン、鉛など354種類の物質が対象に指定されている。

 調査は3回目。法施行後の猶予期間だった02年度までは、指定化学物質を5トン以上扱う事業所に届け出を義務づけていたが、03年度からは1トン以上に引き下げた。その結果、対象事業所数は約6600カ所増えたが、排出量は微増にとどまり、両省は「化学物質管理の改善が進んでいる」とみている。

 排出量の多い有害化学物質は、トルエン(約11万9000トン、前年比3900トン減)、キシレン(約4万8000トン、同850トン増)、塩化メチレン(約2万4600トン、同809トン減)、エチルベンゼン(1万2700トン、同約2800トン増)、鉛およびその化合物(約1万トン、同406トン増)。



ここから広告です 広告終わり

関連情報

    ここから検索メニュー

    検索 使い方

    検索メニュー終わり

    朝日新聞サービス

    ここから広告です
    広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
    サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
    ▲このページのトップに戻る

    asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

    ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
    Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.