2005年03月23日15時49分のアサヒ・コム

»恐竜博2005:3月19日から7月3日 東京・国立科学博物館で開催

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ロケット計画の評価「専門家集団で」 宇宙機構に提言

2005年03月23日

 ロケットや人工衛星の失敗を減らす手立てを検討してきた宇宙航空研究開発機構の外部諮問委員会は23日、開発計画ごとに組織横断的に安全性を評価する専門家集団の創設など21項目の提言をまとめた。米航空宇宙局(NASA)のダニエル・ゴールディン元長官をはじめ、欧米の宇宙機関の元幹部ら「外国の大物」の知恵を頼りに改革案を諮問していた。

 提言は開発計画を主導するマネジャーの訓練、認定制度を設ける必要性などを指摘。また、打ち上げの成功率を高めるため、信頼性が確立したロケットを長期間使用することも挙げた。ただ、21項目の中には「戦略計画の策定」「産業界との関係拡大」など抽象的なものも多くなった。

 諮問委員会は昨年6月に発足した。H2Aロケット6号機や火星探査機「のぞみ」など失敗が相次いだことから、ゴールディン元長官を委員長に、ドイツ、フランスなど欧米の宇宙機関の幹部経験者5人を含む7人を委員に迎えた。宇宙機構は計5回の会合と調査費などに、約1億5千万円を投じた。



ここから広告です 広告終わり

関連情報

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.