2005年04月01日08時09分のアサヒ・コム

»恐竜博2005:3月19日から7月3日 東京・国立科学博物館で開催

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

シロアリ食べてアリクイ似 系統違う哺乳類、ジュラ紀に

2005年04月01日

図

フルイタフォソール化石の復元図=サイエンス誌提供

 アリクイの仲間そっくりでシロアリを食べていたと見られる初期の哺乳(ほにゅう)類が、アリクイなどよりずっと以前の1億5000万年前のジュラ紀の地層から見つかった。米カーネギー自然史博物館の羅哲西博士らが1日発行の米科学誌サイエンスに発表する。系統が全く異なるのに、食べ物や環境に合わせて体が同じような形になる「収斂(しゅうれん)進化」現象のいい例だという。

 羅博士らは、恐竜が発掘されることで有名な米コロラド州のモリソン層という地層から、ネズミ大の哺乳類とみられる化石を発見した。フルイタフォソール・ウインドシェフェリと名付けられたこの動物の奥歯は硬いエナメル質がなく、管状で伸び続ける、という特徴があった。

 これは、現生の哺乳類では南米にいるアルマジロやアリクイを含む貧歯目(アリクイ目)や、アフリカのツチブタを含む管歯目(ツチブタ目)などが持つ、物をよくかまない特徴にそっくり。さらに前脚や肩の骨も土を効率よく掘れるように短く丈夫になっていた。シロアリを掘り出して吸うように食べるのに適応したと考えられた。

 ところが、現生の貧歯目や管歯目の動物が地球上に現れたのは、6500万年前の新生代の始まり以降。今回発見された動物はそれより1億年近く前で、全く系統が違い、羅博士らは、早くに絶滅したと考えている。

 京都大の瀬戸口烈司教授(哺乳類古生物学)は「いつの時代でもシロアリは巣にたくさんいて、これを狙えば食いはぐれることはない。そこを狙ったから収斂進化が起こったといえる。哺乳類がごく初期からこんな適応戦略をとれたというのは驚きだ」と話している。



ここから広告です 広告終わり

関連情報

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.