2005年08月11日12時48分のアサヒ・コム
		このサイトの使い方へ検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 » asahi.comツールバー: 検索機能がアップ

  

 » 遣唐使展: 東京国立博物館で開催中

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  サイエンス > ニュース記事

ディスカバリー、ISSとドッキング 野口さん乗り移る

2005年07月28日

写真

国際宇宙ステーションの実験棟(右)とドッキングしたディスカバリー=NASAテレビから(AP)

写真

国際宇宙ステーションに乗り移った野口さん(左手前)らシャトル乗組員。薄い色の服を着ている2人はステーション乗員=NASAテレビから(AP)

 飛行3日目を迎えたスペースシャトル・ディスカバリーは、米東部時間28日午前7時18分(日本時間同日午後8時18分)、国際宇宙ステーション(ISS)とドッキングした。8月7日の帰還に向けて5日に離れるまで、日本人飛行士の野口聡一さんらによる3回の船外活動(宇宙遊泳)などが実施される。

 野口さんはドッキング後の午前8時54分ごろ(同午後9時54分ごろ)、アイリーン・コリンズ船長に続いて2番目にISSへ移った。そして4月から滞在中の飛行士と抱き合ったり、ビデオ撮影をしたりして、元気な様子を見せていた。

 これに先立ち、ディスカバリーはドッキングの直前、ISSの下方約180メートルの地点で宙返りし、通常のドッキングでは見えない底面も含めて、機体を順次ISSの方に向けた。この間にシャトル底面の耐熱タイルを、ISSに滞在する飛行士が、超望遠レンズをつけたデジタルカメラで撮影した。

 これはコロンビアの空中分解事故後に、ISSへ向かうシャトルに追加された安全確認措置だ。飛行中のディスカバリーの底部には耐熱タイルの破損が見つかっている。米航空宇宙局(NASA)は画像をもとにタイルの破損程度などを詳細に調べ、地球への帰還に問題がないかどうかを検討する。

 NASAのマイケル・グリフィン長官は米テレビ番組の中で「これまでの限りでは大きな損傷は見られない」と述べた。



ここから広告です
広告終わり

関連情報

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.