2005年12月14日21時00分のアサヒ・コム
		このサイトの使い方へ検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 » asahi.comツールバー: 検索機能がアップ

  

 » プーシキン美術館展: モネ、ルノワール、マティス、ピカソ…

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  サイエンス > ニュース記事

はやぶさ、2度目の着陸に成功 試料採取もほぼ確実

2005年11月26日

写真

探査機「はやぶさ」から送信されてきたデータを解析し、小惑星「イトカワ」への着陸を確認する管制室=神奈川県相模原市の宇宙航空研究開発機構で(代表撮影)

イラスト

はやぶさ着陸の手順

 地球から約3億キロ離れた小惑星イトカワへの着陸を目指していた探査機「はやぶさ」について、宇宙航空研究開発機構は26日朝、「2度目の着陸に成功した」と発表した。重要な目的だった表面からの試料採取も「ほぼ確実」としている。試料採取装置が正常に作動したことは確認された。月以外の天体に着陸し、地球への持ち帰りを目的に試料採取するのは、世界初の快挙となる。

 宇宙機構によると、はやぶさから午前8時過ぎに送られてきたデータで、午前7時過ぎ、試料採取装置を表面に接触させて金属球を撃ち込んだことが確認された。装置の中で、舞い上がった砂などを採取する仕組みになっており、数百ミリグラムの試料採取に成功したとみられる。実際にどれだけ入っているかは、地球に回収するまでわからないという。

 採取試料は太陽系誕生の起源を探る貴重な標本になる。小惑星を構成する物質は、惑星のように熱による変性を受けておらず、太陽系の誕生当時の状態を残している可能性が高い。

 はやぶさは25日夜からイトカワへ接近を始め、岩が少ない「ミューゼスの海」と呼ばれる付近を目指していた。1個残っていたターゲットマーカーは結果的に使わず、20日の着陸時に投下したターゲットマーカーを目印に、レーザー光で高度を測りながら下りた。

 20日の着陸時は、太陽光を浴びて高温になったイトカワの表面に、はやぶさが約30分とどまり続けるトラブルがあり、試料採取はできなかった。今回の着陸は、ほぼ順調に進んだようだ。

 地球との位置関係などを考慮すると、はやぶさは12月上旬にイトカワを離れる必要がある。地球周辺への帰還は07年6月の予定で、オーストラリアの砂漠地帯に試料のカプセルを落とす。



ここから広告です
広告終わり

この記事の関連情報

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.