2005年12月14日21時02分のアサヒ・コム
		このサイトの使い方へ検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 » asahi.comツールバー: 検索機能がアップ

  

 » プーシキン美術館展: モネ、ルノワール、マティス、ピカソ…

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  サイエンス > ニュース記事

地球観測衛星ALOS打ち上げ、1月19日に 愛称公募

2005年12月01日

 宇宙航空研究開発機構は、地球観測衛星ALOSの打ち上げ予定日を来年1月19日とすることを決めた。H2Aロケット8号機で鹿児島県種子島から打ち上げる。1日から、ALOSの愛称の一般公募を始めた。

 ALOSは、世界最大級の地球観測衛星で、地形や植生などを詳細に観測することができ、地図の作製や災害状況の把握、資源調査への貢献が期待される。当初、9月に打ち上げが予定されたが、通信系などにトラブルが相次ぎ、遅れていた。打ち上げ時刻は午前10時半すぎで、2月28日までを予備期間にしている。

 愛称募集はインターネットか、はがきで今月25日まで受け付ける。採用された愛称の提案者をペアで、種子島での打ち上げに招待する。提案者が複数の場合、抽選で1組を招待。ネットによる応募は、https://ssl.tksc.jaxa.jp/alosname/へ。詳細は電話(03・6266・6400)へ。



ここから広告です
広告終わり

この記事の関連情報

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.