2006年03月28日16時22分のアサヒ・コム
		このサイトの使い方へ検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 » 選抜高校野球: 出場32校の熱戦スタート

  

 » ベルばらKids: コミック、CDなどプレゼント

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  サイエンス > ニュース記事

X線天文衛星「すざく」、故障原因は設計ミス

2006年01月25日

 X線天文衛星「すざく」で昨年8月、目玉の観測機器が故障したのは機器の冷却システムの設計ミスが原因だった。宇宙航空研究開発機構が25日、宇宙開発委員会に報告した。冷却ガスの排気弁を衛星内部に付けたため、ガスがこもって高温になり、冷却剤が一気に蒸発したという。共同開発した米航空宇宙局(NASA)には当初、冷却環境の厳重な管理を求める意見があったが、日本側に伝わらなかったという。

 「すざく」の最大の特長は、かすかな温度変化で宇宙からのX線をとらえ、銀河団などを高精度で観測できる「X線マイクロカロリーメーター」だった。しかし、打ち上げからわずか1カ月で、精密観測のために機器を極低温に冷やす液体ヘリウムがすべてなくなり、使えなくなった。

 宇宙機構は、冷却で気化したヘリウムガスが衛星内部に残ったため断熱機能が劣化、液体ヘリウム容器が高温、高圧になって、一気に蒸発したと結論付けた。ガスは機体のすき間から自然に放出される設計で、残留ガスによる影響を考慮していなかったという。

 すざくは、残る2種類の機器で観測を続けている。宇宙機構はまた、2月に打ち上げ予定の赤外線天文衛星「アストロF」の冷却システムでは、排気弁が機体外にあるため、同じ失敗は起きないと説明している。



ここから広告です
広告終わり

この記事の関連情報

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.