2006年03月28日16時22分のアサヒ・コム
		このサイトの使い方へ検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 » 選抜高校野球: 出場32校の熱戦スタート

  

 » ベルばらKids: コミック、CDなどプレゼント

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  サイエンス > ニュース記事

地球観測衛星「だいち」また異常 対策チームを設置

2006年01月30日

 H2Aロケットで24日に打ち上げられた地球観測衛星「だいち」(総重量4トン)で、観測データを地上に送る機能に異常が見つかったと、宇宙航空研究開発機構が30日発表した。異常は予備の回線で見つかったため、現時点で運用への直接的な影響は小さいとみられるが、宇宙機構は対策チームを設置して、原因究明と復旧を急ぐ。

 異常が起こったのは、画像データを地上へ送るための予備回線だ。衛星のアンテナなどの画像を試験的に地上へ送信したところ、平均で5%のデータが欠けていた。

 9月からの本格運用では、観測データを、データ中継技術衛星を経由して地上に送るルートが、主回線となる。異常が見つかった回線はほとんど使わない計画だが、このままでは予備回線としての役割を果たせない可能性があるという。

 姿勢制御など衛星のほかの機能に異常はなく、宇宙機構は計画通り機器の総点検作業を続け、主回線が正常に働くかも確認していく。だいちは27日にも、地上からの指令のデータ処理機能の一部で異常が発生し、28日に復旧したばかりだった。



ここから広告です
広告終わり

この記事の関連情報

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.