2006年03月28日16時18分のアサヒ・コム
		このサイトの使い方へ検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 » 選抜高校野球: 出場32校の熱戦スタート

  

 » ベルばらKids: コミック、CDなどプレゼント

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  サイエンス > ニュース記事

「H2A」9号機、打ち上げ成功 「ひまわり」2機体制へ

2006年02月18日

写真

打ち上げられたH2A9号機=18日午後3時27分、鹿児島県南種子町で

 国産大型ロケット「H2A」の9号機が18日、鹿児島県の宇宙航空研究開発機構種子島宇宙センターから打ち上げられ、気象観測などを担う「ひまわり6号」と対になる運輸多目的衛星(MTSAT)の2号機を分離した。H2Aは1月24日に8号機を打ち上げたばかりで、6号機の失敗から3機連続の成功。1カ月足らずの間に2機を打ち上げるのは初めてで、商業化による受注増への対応能力を内外に示した。

 9号機は予定通りの午後3時27分に打ち上げられ、28分後に高度約300キロの太平洋上で衛星を分離した。衛星は赤道上空約3万6000キロを地球の自転に合わせて周回する静止軌道に乗り、24日から機器の試験に移る。

 H2Aは03年11月に6号機が失敗し、昨年2月に打ち上げを再開。8号機は当初昨夏に予定していたが、衛星の事情で1月にずれ込んだため、結果的に年度末に打ち上げが集中した。これまでの打ち上げ間隔は短くて3カ月程度で、宇宙機構は今後の商業化に向けた「試金石」と位置付けて準備してきた。

 運輸多目的衛星は気象観測と航空管制機能を併せ持つ。昨年2月のH2A7号機で打ち上げられ、「ひまわり6号」になった1号機は米国製だったが、2号機は国産で、重さは4.6トンとこれまで日本で打ち上げた衛星の中で最も重い。

 2号機の愛称も従来の気象衛星を引き継いで「ひまわり」を使うことになっており、国土交通省・気象庁は静止軌道に乗ったのを確認した上で命名する予定だ。

 気象観測は10年ごろまで「ひまわり6号」が担い、それまで2号機は故障時に備え待機する。航空管制は06年度中に2機体制になり、海上を飛ぶ航空機は間隔をより詰められるようになる。

 21日には鹿児島県・内之浦宇宙空間観測所から赤外線天文衛星「アストロF」を搭載したM(ミュー)5ロケット8号機が打ち上げられる。



ここから広告です
広告終わり

この記事の関連情報

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.