2006年03月28日16時14分のアサヒ・コム
		このサイトの使い方へ検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 » 選抜高校野球: 出場32校の熱戦スタート

  

 » ベルばらKids: コミック、CDなどプレゼント

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  サイエンス > ニュース記事

米探査機、予定の火星周回軌道に 11月に本格観測

2006年03月11日

写真

火星に接近中のマーズ・リコネッサンスの想像図=NASA提供

 米航空宇宙局(NASA)は10日、火星探査機マーズ・リコネッサンスが予定の火星周回軌道に入ったと発表した。現在の細長い楕円(だえん)軌道から約半年がかりで徐々に減速し、観測用の低軌道に移る。11月には本格観測を始める予定だ。

 探査機は火星に南極側から接近。米東部時間10日午後4時24分(日本時間11日午前6時24分)、火星からの高度約400キロの地点で、周回軌道に入るためのエンジン噴射を開始した。

 その後、地球から見て火星の裏側に入ったために通信が途絶えたが、同午後5時16分(同午前7時16分)、火星の裏側を抜けて、予定通り地球から見える位置に現れ、通信再開が確認された。

 探査機は超高解像度カメラや水の痕跡を探す観測装置などを搭載し、従来の探査機よりも低い高度255〜320キロから、火星の大気や地表の様子を詳しく調べる。観測データは、NASAが07年と09年に打ち上げる予定の2機の無人探査機の着地点選びや、将来の有人活動の基礎データなどとして役立てる。



ここから広告です
広告終わり

この記事の関連情報

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.