ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  サイエンス > ニュース記事

ツボカビ症の確認受け対策 野生カエルへの感染防止

2007年02月01日

 世界各地でカエルなどの両生類に壊滅的打撃を与えているツボカビ症が国内でも確認されたことを受けて、環境省は1日、野生カエルへの感染を防ぐため、ペットとして輸入される外国産カエルの流通状況調査などを行うことを決めた。特に希少なカエルが多い南西諸島(鹿児島、沖縄)での対策に力を入れる。

 ツボカビは人間には感染しないが、両生類に90%以上の致死率をもたらすという真菌(カビ)。一度野外に拡散すると根絶は難しい。同省によると、国内では昨年12月に見つかって以降、これまでに関東、北海道で飼育されていた外国産カエル12匹からツボカビが確認されている。

 同省は、ペットショップなどから事情を聴いてカエルの流通状況を把握するほか、飼育者らにカエルを野外に捨てないようホームページやチラシで呼びかける。



この記事の関連情報

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.