ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  サイエンス > ニュース記事

衛星破壊実験の破片、国際宇宙基地の軌道と交差 米機関

2007年02月02日

写真

中国の衛星の破片の軌道(北極・南極上空を通る線の束)と国際宇宙ステーションの軌道(南米上空を斜めに横切る線)。南米西方沖の上空で交差している=CSSI提供

 中国の人工衛星破壊実験で飛び散った大量の破片(デブリ)が地球を周回し、国際宇宙ステーション(ISS)の軌道と南半球上空で交差していることが、米民間調査機関の解析でわかった。破片は、追跡可能な直径約10センチ以上のものだけで517個あり、「ステーションだけでなく、運用中の多くの人工衛星にとって脅威となっている」と警告している。

 人工衛星の軌道解析などを手がける民間調査機関「CSSI」が、北米航空宇宙防衛司令部が追跡している破片の軌道データをもとに解析した。それによると、破片は高度260〜3500キロの範囲に広がり、雲のようなかたまりになって地球を周回している。

 一方、ISSの軌道は高度約400キロ。CSSIのトーマス・ケルソー博士によると、破片はすでに最短30キロの距離まで接近した。ただ、破片の位置の推定には常に数キロから10キロ程度の誤差があり、「実際に将来、衝突するかどうか、確実なことはいえない」としている。

 また、破片の周回範囲は、運用中の人工衛星約600機の軌道とも交差しているという。この範囲には今回の実験以前から使用済み衛星など約7000個の破片が漂っているが、ケルソー博士は「中国の実験で、衝突の危険性が増したことは確実だ」と話した。

 米航空宇宙局(NASA)のマイケル・グリフィン長官は同月23日、パリでの記者会見で「われわれは常時、破片の位置を解析している。当面、回避作業の必要はない」と話していた。



この記事の関連情報

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.