ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  サイエンス > ニュース記事

火星に水流の痕跡 米グループ、高解像度画像で確認

2007年02月16日

写真

マーズ・リコネッサンスによる火星のマリネリス峡谷の衛星画像。層状の地形が、かつて液体の流れで変成した歴史を示しているという=サイエンス提供

 火星の大峡谷にかつて水が流れたらしい痕跡を、米アリゾナ大グループが見つけた。16日付の米科学誌サイエンスに発表する。

 米航空宇宙局(NASA)の最新鋭火星探査機マーズ・リコネッサンスが撮影した高解像度画像で、層状の地形の所々に入った亀裂に沿って、白っぽい帯状の部分を確認した。地球の類似地形との比較などから、水に含まれる物質で、岩石の表面がセメント化したか白く変色したと考えられるという。

     ◇

 米アリゾナ大グループが「水が流れたらしい痕跡」と指摘する衛星画像は、火星の赤道付近を横切るマリネリス峡谷の「カンドール・カズマ」と呼ばれる地域で得られた。同峡谷は全長が約4000キロ、深さが6〜7キロもある、太陽系で最大級の峡谷だ。

 火星では近年、無人探査機による画像撮影やデータ観測によって、「水の存在」を示す証拠が相次いで見つかっている。昨年12月には、米航空宇宙局(NASA)がマーズ・グローバル・サーベイヤーの画像から「過去7年以内に水が流れたと考えられる痕跡を発見した」と発表。極域の地下などには、現在も液体の水が存在している可能性があるとされる。

 今回の画像を撮ったマーズ・リコネッサンスは、搭載カメラの解像度が過去最高の探査機の約6倍。周回軌道の高度も255〜320キロと過去の探査機より低く、火星表面の詳細な画像が得られると期待されていた。

 「水の存在」が注目されるのは、生命の誕生に不可欠と考えられているからだ。地球以外の太陽系の惑星で唯一、生命存在の可能性があるとされる火星に現在も水があれば、微生物などが見つかる可能性が強まる。

 水の有無は有人探査計画にも影響する。宇宙での水の確保は難しく、現地調達できれば長期滞在がぐっと容易になる。



この記事の関連情報

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.