ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  サイエンス > ニュース記事

クマ捕獲、1月も4頭 「異例中の異例」と環境省

2007年02月20日

 昨秋以降、クマがあちこちの人里に大量に出没している問題で、環境省は19日、1月のクマの捕獲数が全国で4頭だったと発表した。例年ならクマは冬眠している時期。暖冬の影響も指摘されるが、同省は「異例中の異例」の事態としている。

 同省によると1月には東京都奥多摩町、宮城県栗原市、新潟県糸魚川市、福井県勝山市でそれぞれ1頭ずつが有害捕獲され、糸魚川市以外では捕殺された。同省は過去、1月に捕獲されるケースはほとんどないため、頭数を把握したことはなかったという。

 これで今年度の累計(1月末現在)は、捕獲が昨年度の4倍以上の5147頭。4648頭が捕殺されている。

 一般にクマの冬眠は、早い地域で11月下旬から、遅い地域で4月上旬まで。クマ出没が続いている理由に、専門家らは暖冬でクマが冬眠しなかったり、途中で起き出したりした可能性を指摘。また森のドングリ類の不作で、空腹でいまだにエサを探していたり、人間の食べ物の味を覚えて人里近くに居着いたりした可能性もあるという。



この記事の関連情報

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.