ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  サイエンス > ニュース記事

宇宙飛行士の土井隆雄さん、超新星を発見

2007年02月21日

 国立天文台に入った連絡によると、宇宙飛行士の土井隆雄さん(52)が18日、おとめ座の方向の銀河に明るさ15.7等の超新星を発見した。口径40センチの反射望遠鏡を使った観測によるもので、2007aaと命名された。

 土井さんは宇宙飛行士として活躍する一方、趣味で天文観測を続けてきており、02年にも超新星を発見している。

 土井さんは、来年1月打ち上げ見通しの米スペースシャトル・エンデバーで2度目の宇宙飛行に挑戦する。国際宇宙ステーションに滞在し、日本の実験棟「きぼう」の建設に携わる予定だ。



この記事の関連情報

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.