ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  サイエンス > ニュース記事

電波の目がキャッチ、「星の素」 宇宙のガス分布を観測

2007年02月25日

写真

約5200万光年離れた銀河M88。電波写真(右)ではCOの分布がわかる=国立天文台提供

 星の「素(もと)」になるガスが、銀河の中で分布している様子をとらえたデータベースを国立天文台が作り、25日にウェブサイトで公開した。

 星は、宇宙空間にあるガスの塊が収縮してできると考えられている。ガスの分布がわかれば、星の形成を知るのに役立つが、目に見える光(可視光)では観測できないので、電波望遠鏡による観測が行われている。

 国立天文台の研究グループは、ガスの分布を示す一酸化炭素(CO)分子の濃度を観測する直径45メートルの電波望遠鏡(長野県南牧村)の受信装置を改良。これまでの25倍の効率で観測できるようにした。01年から観測を始め、約8000万光年以内にある40の渦巻き銀河のデータを集めた。

 研究に携わった中井直正・筑波大教授は「今後も観測を続けて、100カ所ほどに増やしたい」としている。



この記事の関連情報

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.